ブラジル

ブラジル:サンパウロ

大浦 智子(おおうら ともこ)

職業…フリーランス
居住都市…ブラジル国サンパウロ市

前の月へ

2018.9

次の月へ
S M T W T F S
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

アフロ・スタイル専門のヘアサロン

アフロ・スタイル専門のヘアサロン

 アフリカの黒人系文化が、ブラジルでは国を代表する文化になっています。サンバのリズム、カポエイラ、食文化など、アフリカにルーツをもつと思われるブラジル文化や習慣はとても魅力的です。

 サンパウロ市のリベルダーデ地区が日本人をはじめとする東洋人がよく集まる場所だとしたら、セントロ地区には、アフロ・ブラジル(アフリカ系ブラジル)文化を代表する商品がたくさん売っているような場所があります。そして、歩いている人も、東洋人街よりも褐色や黒い肌をした人がとても多いです。


同じフロアに3件も隣接してアフロ・ヘアサロンが並んでいる

同じフロアに3件も隣接してアフロ・ヘアサロンが並んでいる

 そのような場所に、いくつものヘアサロンが並んでいる場所があります。普通のヘアサロンとは違い、ドレッドパーマやスパイラルパーマなど、アフリカンテーストのヘアスタイルを専門としており、美容師さんもみんな褐色系のとても手先の器用な人ばかりです。ちなみにドレッドパーマの場合、このあたりのサロンでは一本が10レアル(約500円で)、頭全体の場合は150レアル(約7500円)だそうです。


ドレッドパーマはアフロ系の人におまかせ!!

ドレッドパーマはアフロ系の人におまかせ!!

 これらのヘアサロンがある同じビルには、カポエイラ専門店やレゲエ専門店もあり、楽器や洋服、専門のレコードやCDなどが販売されています。
 サンパウロ市は地域によって、それぞれ独自のカラーがあるんだなあということを改めて感じさせられます。


カポエイラの時に演奏される楽器「ビリンバウ」のエレメント。穴の開いた丸っこいのはヒョウタンでできた共鳴具です。

カポエイラの時に演奏される楽器「ビリンバウ」のエレメント。穴の開いた丸っこいのはヒョウタンでできた共鳴具です。



レポーター「大浦 智子」の最近の記事

「ブラジル」の他の記事

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives