日本

日本:千歳市

高橋 久美子(たかはし くみこ)

職業…専業主婦
居住都市…北海道千歳市

前の月へ

2018.12

次の月へ
S M T W T F S
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

義母が作るキムジャンキムチは、いつも牡蠣入り!

義母が作るキムジャンキムチは、いつも牡蠣入り!

12月初旬、義母から大きな発泡スチロール一杯にキムジャン(※下記参照)キムチが届きました。キムジャンは11月から12月にかけて行われます。今年は寒かったこともあり、例年より少し早めに漬けてしまう家庭が多かったそうで、外国人妻である私の元には11月初旬から「我が家の味を見てみて」と友人・親戚達からキムチが続々集まっています。


味・漬け方・調味料は家庭ごと、大きく分けると地域ごとに特徴があります

味・漬け方・調味料は家庭ごと、大きく分けると地域ごとに特徴があります

キムチの種類は「水キムチ」というキムチなどもあり、本当にさまざまで、漬ける食材も多岐にわたります。その中で、今回は我が家に集まった白菜キムチだけを集めてみました。
2枚目の写真一番上は、江原道Kさんちのキムチ。甘めでピリリと辛く、スッキリした味です。
左の赤いキムチは慶尚南道の義母が送ってくれたもので、辛さと共に塩辛さ、そして海鮮の旨みが強いのが特徴です。
右上タッパーはソウルP家のキムチ。数年前に下宿していたソウルのおばちゃんのキムチもそうでしたが、果物の甘みがあり、日本人にも食べやすいと思います。
右下タッパーは慶尚南道C家のキムチ、やはり海鮮の旨みが特徴的ですが、海鮮独特の臭みが弱く爽やかな味です。
写真にはありませんが、忠清南道J家のキムチは辛味一番、全羅南道Gさんちのキムチは香ばしい発酵臭で旨みが目立ちました。
手前キムチは番外編、義母の作った辛くない白キムチです。日本のお漬物のような感覚で食べられます。
どれもそれぞれにおいしいですが、やはり誰もが食べなれた「我が家の味(我が家は義母のキムチです)が一番」ですね。

※韓国最重要の冬支度「キムジャン」(2011年12月)
http://www.ima-earth.com/contents/entry.php?id=201112510274





レポーター「高橋 久美子」の最近の記事

「日本」の他の記事

タグ:白菜,キムチ

  • 368 ビュー
  • 2 コメント

2 - Comments

道下より:

2013 年 12 月 27 日 12:14:43

キムチ大好き人間にとって全てがおいしそうです。食べたい。

高橋久美子より:

2014 年 01 月 10 日 11:59:08

道下様
ぜひ韓国にいらして地域・家庭キムチ味比べをしてみてください!
最近我が家に日本からのお客様が多いのですが、数種類並べて結局最後は義母のキムチ自慢大会のようになってしまっています。

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives