フランス

フランス:パリ

別紙 敦子(べっし あつこ)

氏名=別紙敦子
職業=観光業
居住都市=パリ(フランス)とバルセロナ(スペイン)年間1:2の割合で、行き来しています。

前の月へ

2017.6

次の月へ
S M T W T F S
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

1kg袋で3.6ユーロ/約500円で売られている「argile 」

1kg袋で3.6ユーロ/約500円で売られている「argile 」

「粘土」と聞けば、私は つい小学校の頃の工作の時間を思い出してしまいますが、実は、体を治す魔法の力があると言うのをご存知でしたでしょうか?

フランス人の医師であり、その研究者ジャド・アレグル氏が、「アルミノケイ酸塩粘土治療」に着目したころから、めきめきと注目されてきたのが、「アージル」(粘土)です。
自然治癒力があり、安価で副作用のない「すごい力」、いわゆる『魔法』みたいと、フランスで知る人ぞ知る「アージル」なので、今回はIMAの読者に是非ご紹介したいと思います。

まずは、私の周囲でそれを利用している人たちの様子をご紹介します。
聞いてみると、幅広い利用法に驚きました。

*最近 朝起きて背中が痛むので、飲んでみたら それ以来治った。
*歯槽膿漏に効くかと期待して、試に歯磨き粉の代わりに時々使っている。
*お腹の調子がずっと悪かったので飲んでみたら痛みが消え、お腹がはりはじめ 色々体の外に排出できた。
*傷口を治す
*湿布代わりに利用
など、色々なことに使っている人がいました。

また、これはアレグル氏が言っていたのですが、
火傷には、凄く効くそうで、後も残らず魔法のようと絶賛しています。
実は、内臓内のポリープも削除してくれる場合もあると聞きました。
彼女の話から、体内の悪いモノを体外に出す作用があるって感じに受け取れました。


利用は、作って一日置いてから使用することを薦めています(活性化)。

利用は、作って一日置いてから使用することを薦めています(活性化)。

象が、泥浴びを行った上で岩や木に体を擦り付ける動作をすることはご存知ですね。
象は、どの泥でもするわけではなく、いつも決まったカテゴリーのアージルが有る場所を選ぶそうです。
自然の中で、動物たちはすでに知っているのですね。

アージルには、幾つかのカテゴリーがあり、自分に合ったアージルを選ぶと良いそうです。

自然が私たちに恵んでくれた「山のかけら」…『アージル』
皮膚に付けるのは出来るが飲むなんてっと、少し「粘土」ということに抵抗があるけれど、飲む価値は有りそうです。


友人が毎朝飲んでいる量。結構、粘土が入っています!!!

友人が毎朝飲んでいる量。結構、粘土が入っています!!!




レポーター「別紙 敦子」の最近の記事

「フランス」の他の記事

  • 610 ビュー
  • 1 コメント

1 - Comments

道下より:

2014 年 11 月 01 日 16:25:48

なんとなく耳にしたことはありますが、それほど利用者がいるとは思いませんでした。気になるのは科学的な根拠ですが、効能は立証されているのでしょうか。

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website