フランス

フランス:パリ

別紙 敦子(べっし あつこ)

氏名=別紙敦子
職業=観光業
居住都市=パリ(フランス)とバルセロナ(スペイン)年間1:2の割合で、行き来しています。

前の月へ

2017.4

次の月へ
S M T W T F S
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

スペインの郵便コレオスの郵便車

スペインの郵便コレオスの郵便車

友人や家族にクリスマス&年賀のカードを送る年末になりました。
私は、知人に近況報告も兼ねて、一年に一度 電子メールでは無くカードを書くのが大好きでしたが、スペインから郵送するようになって、楽しいはずが 心配で不安な気持ちになるようになりました。
今回 手短に今までの経験を説明いたします。
・小包は、送る場合も届く場合も税金を請求される
・手紙は隣国フランスで10日、日本には1か月要して届く時が頻繁
・行方不明になる手紙も4回のうち1度の割合でありました。


バルセロナ市内にて、郵便配達人

バルセロナ市内にて、郵便配達人

とはいえ、手紙を送るとなると、どうしても郵便局にお世話にならなくてはならず、今年も覚悟して 行ってきました。

去年の末 日本に送った時は、1通1ユーロでしたが、今年は1.30ユーロで30%UPに。 いささか驚きましたが、郵便利用者が減少しているので 仕方がないと納得しました。

でも、2年前にまとめて買った0.9ユーロの切手を使いたく、0.40ユーロを追加して送りたいと言うと、「無いからと0.42ユーロの切手ね」と数枚買わされたのは、納得できませんでした。
料金をプリントアップして貼る方法もあるのに、頑として受け付けてはくれません。

本当、行く度に 先進国とは思えない質の悪い対応に呆れてしまいます。

せっかく心を込めて書いて送るのだから、きちんと届いてほしいのです。
とにかく…今年は無事に届きますように! 






レポーター「別紙 敦子」の最近の記事

「フランス」の他の記事

  • 123 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website