アメリカ

アメリカ:シアトル

ハフマン・ワカバ

職業…兼業主婦(メーカー勤務)

居住都市…シアトル(アメリカワシントン州)

前の月へ

2017.6

次の月へ
S M T W T F S
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ギフト用紙袋あれこれ。柄も大きさもさまざまで楽しくなります

ギフト用紙袋あれこれ。柄も大きさもさまざまで楽しくなります

日本で何かを購入した場合、多くの店で「ご自宅用ですか」と聞かれます。「贈り物で」とひと言言えば、リボンの色から包装紙の柄までいろいろなオプションを出してくれて、無料でギフトラッピングしてくれることが多いですよね。


そんな気の利いたお店はアメリカでは小数派。そのためギフトを贈るシチュエーション――、誕生日、ベビーシャワー、結婚式、そして家族とギフトを交わすクリスマス――には、自分でギフトを包む必要が出てきます。


日本のように、折り目正しく包装紙で包まれたギフトを見ることもありますが、圧倒的に多いのは袋に物を入れ、化粧紙を上からかぶせて隠すパターン。現金やギフトカードを贈る際には、日本の「のし袋」的なカードを使うこともあります。紙袋は誕生日、ベビーシャワー、クリスマスなど目的に応じて豊富にそろっています。


ギフトカードや現金は差込口がついている専用カードにはさんだあと、封筒に入れて贈ります

ギフトカードや現金は差込口がついている専用カードにはさんだあと、封筒に入れて贈ります

日本を離れて10数年たってしまったせいなのか、もともと器用ではないためか、私も今ではすっかり袋派。たまに日本から届いた、張りのきいた紙でピシッと包まれた贈り物を見ると、送り手の真剣な思いが伝わってくるようで、特別な気分になってしまいます。



レポーター「ハフマン・ワカバ」の最近の記事

「アメリカ」の他の記事

  • 586 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website