アメリカ

アメリカ:シアトル

ハフマン・ワカバ

職業…兼業主婦(メーカー勤務)

居住都市…シアトル(アメリカワシントン州)

前の月へ

2017.6

次の月へ
S M T W T F S
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

その長さ7,708.494フィート(約2.35キロ)は走っていると結構な距離に感じます

その長さ7,708.494フィート(約2.35キロ)は走っていると結構な距離に感じます

4月2日、ワシントン湖に架かり、シアトルとベルビューを結ぶ浮き橋が、世界一長い浮橋としてギネスに登録されました。その日はリニューアル・オープング・イベントがあり、普段は歩いて渡れない橋が渡れるということで、多くの人が訪れました。


橋までの送迎バスに乗るために、まずはワシントン大学へ。大学へは、最近走行区間が延長されたライトレール(路面電車)で向かいましたが、下車したとたん目の前には長蛇の列。「2時間待ち」といううわさにもめげず、並ぶこと……約20分! 大量の送迎バスがあったおかげで短時間ですみました。


ワシントン大学スタジアム駅は、運動競技が行われるハスキースタジアムに隣接

ワシントン大学スタジアム駅は、運動競技が行われるハスキースタジアムに隣接

橋に到着すると、浮き橋部分までみな思い思いに歩いて移動します。写真を撮ったり、橋の上からワシントン湖を覗き込んだり。私は息子が貸したカメラを湖面に落としやしないかと、ハラハラドキドキ。
また、テープカットを模した写真スポットや、この橋の建設をSTEM(ステム。science, technology, engineering, math。サイエンス、テクノロジー、エンジニアリング、数学)の観点から見るブースも設置されていました。


浮橋は州道520号の一部で、夜11時以降朝5時までの時間帯を除いては有料のため、私は普段ほとんど利用しないのですが、世界一に認定されたと聞くと、より身近にそして誇らしく感じられてきました。



レポーター「ハフマン・ワカバ」の最近の記事

「アメリカ」の他の記事

  • 284 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website