日本

日本:東京

武藤 櫻子(むとう さくらこ)

職業…社長秘書、コピーライター
居住都市…東京都

前の月へ

2017.11

次の月へ
S M T W T F S
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

これがヒレカツ。衣カリカリ、おいしそう!

これがヒレカツ。衣カリカリ、おいしそう!

ずっと行ってみたかったとんかつ屋さんに行ってきました。
山手線の目黒駅から歩いてすぐのところにある創業昭和14年「とんき」というお店です。連休の晩というピーク時に行ってしまったため、店内に30人以上並んで待っていてすし詰め状態でした。でも、せっかく来たので並ぶことに決めました。


雰囲気もいいです。

雰囲気もいいです。

まず、お店に入ったときに店員さんからオーダーを聞かれます。メニューは「ヒレ、ロース、串カツ」の3種類。オーダーをとってくれる店員さんがお客さんの順番を覚えていて、お客さんが壁際の待ち合い椅子に順番通りに座ってなくても、しっかりと来た順で席へ案内してくれるのです。プロです。50分ほどして、ようやく1階のカウンター席へと通されました。


目の前で揚げてくれます。

目の前で揚げてくれます。

コの字型になったカウンターは白木で、まるでお寿司屋さんのよう。表面もさらっとしていて油よごれがみあたりません。中央の広々とした調理場が見渡せ、とんかつを揚げる巨大な鍋が5つほどならんでいました。この調理場も、清潔で油汚れがみえませんでした。調理場は分業制で、お肉に粉や卵を付ける人、揚げる人、切る人、盛りつけてお客さんに運ぶ人とわかれていて、全員きびきびとして作業をしていて、ステージを見ている感じで楽しかったです。


出そろいました!キャベツはおかわりできます。

出そろいました!キャベツはおかわりできます。

私が頼んだのは、ヒレカツ定食(1,900円)。衣とお肉にすき間があって、これがとんき流。カリッと衣が香ばしく、お肉はほどよいやわらかさ。ソースをかけて、ぺろりと食べきってしまいました。豚肉が入ったお味噌汁もシンプルで味わい深く、釜で炊いたごはんはツヤツヤ。お漬け物まで全部おいしかったです。こちらのお店が、長い間愛される理由がわかりました。
帰りにうちわをいただきました。こういうとこもステキ。

お店は16時からオープンするので、その早めの時間をねらうか、21時すぎあたりにいくと、並ばなくてもいいかもしれません。


お店の外観。

お店の外観。


レポーター「武藤 櫻子」の最近の記事

「日本」の他の記事

  • 283 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website