台湾

台湾:台北

小川 聖市(オガワ セイイチ)

職業…日本語教師、ライター

居住都市…台北市近郊の新北市(台湾)

前の月へ

2019.6

次の月へ
S M T W T F S
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

今や当たり前になった入り口の前にある看板

今や当たり前になった入り口の前にある看板

 今年も、アダルトエキスポが、台北101の北にある世界貿易中心3号館で8月5~7日に開催されました。

 昨年同様、入場料は700元(約2,279円)。
 近所にある世界貿易中心1号館で行なわれている台湾美食展のように、気軽に行けるようなイベント……という感じではありませんでしたが、1号館に負けないくらいの盛況ぶりでした。


総合受付前の様子

総合受付前の様子

 受付では、セクシー女優の撮影会、特設ステージで行われるイベントの受付、ステージ前のイス席入場整理券の配布などを行っているので、絶えず長い列ができていました。


肉体美あふれる男性によるダンスショー

肉体美あふれる男性によるダンスショー

 ステージでは、目玉のセクシー女優のイベントだけでなく、他のイベントも行われていました。

 上のは、4年ぶりに復活した男性のダンスショー(下記URL参照)ですが、4年前と違い、反応は今ひとつという感じでした。

http://www.ima-earth.com/contents/entry.php?id=20127201020


ミニステージでは緊縛ショーも

ミニステージでは緊縛ショーも

 特設ステージ以外にあるミニステージでは、緊縛ショー、行水ショー、ポールダンスも披露され、上の写真のようにそれを撮影しようと多くの人の人が集まりました。


ここでもVR

ここでもVR

 今回、セクシー女優以外で気になったのが、VR。
 
 上の写真のスマートフォンを使ったVR装置の体験・販売コーナーが設けられました。体験コーナーは長い列ができていましたが、販売コーナーは人がまばら。私も体験してみましたが、今ひとつ感覚がつかめず、魅力がよく分かりませんでした。

 値段も、348元(約1,133円)と使い捨て感が否めず、もう少し改善していいものが並べば、また違う反応が見られるのではないかと思いました。

 次回はセクシー女優編です。


レポーター「小川 聖市」の最近の記事

「台湾」の他の記事

  • 726 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives