台湾

台湾:台北

小川 聖市(オガワ セイイチ)

職業…日本語教師、ライター

居住都市…台北市近郊の新北市(台湾)

前の月へ

2017.11

次の月へ
S M T W T F S
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

2階建てのオープルーフ観光バス

2階建てのオープルーフ観光バス

 前回はパレード全体の紹介でしたが、今回は選手たちの様子を中心に紹介します。

 


女子バスケットボール代表

女子バスケットボール代表

 ロシアを破って銅メダルを獲得した女子バスケットボール代表。こちらで紹介している高校バスケのHBLで見ていた選手が活躍し、祝福を受ける姿は感慨深いものがあります。


ジープ型の車の上にいる右側の郭婞淳(グオ・シンチュン)

ジープ型の車の上にいる右側の郭婞淳(グオ・シンチュン)

 注目を集めたのは、上の写真の郭婞淳。8月21日の重量挙げ女子58キロ級で142キロの世界記録を達成しました。
 
 重量挙げ会場は、私の自宅近くにある淡江大學。翌22日の午後、時間が空いたので会場へ行きましたが、チケットは売り切れ。聞いた話では、8:00から発売し、すぐ売り切れたそうです。前日の彼女の活躍がその原動力になったようです。


バンドも移動

バンドも移動

 バンドもトラックで移動し、演奏を披露しましたが、日本ではこうした光景は見られるでしょうか。


台北市政府のマスコットの熊の熊讚(ションザン、右側)

台北市政府のマスコットの熊の熊讚(ションザン、右側)

 大会を盛り上げた功労者のマスコット・熊讚。ユニバーシアード後、「失業状態」になるのではないかとささやかれていましたが、その後の「就職活動」が奏功し、いろいろな活動に呼ばれているようです。

 このマスコット・熊讚の近況は、下記URLで確認できます。 https://www.facebook.com/pg/bravotaipei/about/


 後日談ですが、1枚目の写真のバスがこのパレードで注目を集めたことから、10月1~31日の16:30~22:00の主に中正紀念堂、台北101、國父紀念館を回るレッドラインが99元(約367円)で、1回限りですが乗車できるようになりました。残念なのは、この特別料金は外国人には適用されず、台湾人限定ということ。とほほ…とは、こういうことを言うのでしょうか。

 とはいえ、ユニバーシアードの大成功は、大きな希望と勇気を与えたように思います。あとは、台湾のスポーツ各界がどのような形で生かしていけるか。

 ここが今後の注目点になりそうです。


レポーター「小川 聖市」の最近の記事

「台湾」の他の記事

  • 30 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives