ネパール

ネパール:カトマンズ

うえの ともこ

職業…ライター、旅行会社勤務
居住都市…カトマンズ市(ネパール連邦民主共和国)
ナマステ!
ヒマラヤ山脈の麓、摩訶不思議な国にて、てんやわんやの愉快な生活を送っています。
こんなことからあんなことまで主婦的目線でリポートします。

前の月へ

2017.9

次の月へ
S M T W T F S
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

昨年一時帰国で買い物をした時に、初めて免税手続きをして消費税の払い戻しを受けました。
どこででも何に対してもできるわけではないようですが、短期滞在の外国人同様、在外邦人も免税対象になっています。
大手衣料品店とショッピングモールの二箇所で、必要書類が少し違っていました。


ショッピングモール内免税手続きカウンターにて リーフレット

ショッピングモール内免税手続きカウンターにて リーフレット

パスポート見開きと現在有効なビザのコピーだけで済んだところと、出国日がわかる航空券を見せなければいけない場合とがありました。あいにく持ち合わせていませんでしたが、スマホからメールボックスにアクセスしてEチケットを見せることでOKでした。後はパスポートに貼り付けてくれた免税書類を出国時に税関で提出して完了です。


レジで消費税抜きの値段で買い物ができたり、サービスカウンターで現金で速やかに還付を受けられるのでよかったです。やはり外国旅行者が多いようで、係りの方も慣れた様子でした。


ネパールはと言いますと、トリブバン国際空港の出国手続きを済ませた先に小さな免税カウンターがあるにはあります。
市内の特定のショッピングセンターなどでの一定以上の金額の買い物には付加価値税13%が還付されるらしいのですが、カウンターは無人だったり、手続きを行っている人を見たことがありません。
例えばここでネパールルピー現金で還付されても、ルピーは国外持ち出し禁止通貨で、海外で両替もできませんから、空港のお土産か売店くらいでしか使えませんね。

定価がなく値引き交渉で買い物する土産店やバザールなど、きちんとしたレシートを出すところも少ないので免税手続きは恐らく難しいですね。
「トリブバン空港で還付手続きをしましたよ!」という方、ご報告お願いします。



レポーター「うえの ともこ」の最近の記事

「ネパール」の他の記事

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives