タイ

タイ:バンコク

青柳 みちよ(あおやぎ みちよ)

職業…主婦ライター

居住都市…バンコク(タイ)

前の月へ

2017.9

次の月へ
S M T W T F S
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ランタンとお面の飾りつけ

ランタンとお面の飾りつけ

バンコクで、クリスマス、お正月と恒例のイベントが終わるか終わらないかのうちに始まるのが「春節」です。今年も春節を前に、デパートやレストランでは真っ赤な飾り付けが施され、春節休みに合わせて、多くの中国人観光客がバンコクを訪れました。


正面から見ると怖い顔のお面です

正面から見ると怖い顔のお面です

この時期は街を歩いていても赤一色の飾り付けが華やかで、いかにも「お正月だなぁ」という気分になります。
特に観光客をターゲットにしている場所は、華々しく飾り付けをしているところが多く、各種のイベントを繰り広げるなど賑やかです。


ショッピングセンターでは春節向けのイベントが

ショッピングセンターでは春節向けのイベントが

タイにはお正月が3度あると言われます、1月1日、4月のタイの旧正月、そして春節がそれにあたります。
順位的には4月の旧正月がなんと言っても本番で、春節もなかなかの盛り上がり、でも1月1日は「ただの祝日?」というくらい、何気なく過ぎてしまいます。
春節の真っ赤な飾りつけと比較すると、寂しいくらいに何もありません。
クリスマス休みを兼ねて、多くの外国人駐在たちが、バンコクからいなくなってしまうのもその理由かもしれません。


中華系大好きな「金」のアクセサリーあり

中華系大好きな「金」のアクセサリーあり

また、「飾り付け」で言うなら、本番のタイの旧正月よりも春節のほうがずっと華やかです。
日本のお正月も門松やしめ縄など伝統の飾り付けがありますが、これもその時期、日本食レストラン以外で目にすることはありません。
華僑の多いタイならではと言えるでしょう。


仙人?の置物もお決まりの商品です

仙人?の置物もお決まりの商品です

そうは言ってもやっぱりお正月、他国の賑わいに便乗するのもオツなものです。
春節の飾りつけの華やかさには、外国人をも浮き立たせる不思議な魅力があるようです


レポーター「青柳 みちよ」の最近の記事

「タイ」の他の記事

  • 150 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives