フランス

フランス:パリ

別紙 敦子(べっし あつこ)

氏名=別紙敦子
職業=観光業
居住都市=パリ(フランス)とバルセロナ(スペイン)年間1:2の割合で、行き来しています。

前の月へ

2017.8

次の月へ
S M T W T F S
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

パリ市には300以上の地下鉄駅があります

パリ市には300以上の地下鉄駅があります

 皆さんは、パリの地下鉄駅をご存じでしょうか?

 これぞパリの象徴「エンブレム」と言わんばかりに、100年以上前に建築家によって考案されたアール・ヌーボー様式の出入り口で統一され、順繰りに造られた市内に点在する各駅は、構内にコンセプトが違うアートが施されています。こうしてパリ市民の生活を美しく彩ってきたことは言うまでもありません。


パリの中心に位置するシャトレ駅。以前の光っていない駅名標

パリの中心に位置するシャトレ駅。以前の光っていない駅名標

 駅構内にある案内標識も、以前から色を巧みに使い、大変識別しやすく分かりやすいです。特に当該駅名を示す駅名標は白い文字が一番くっきり見える濃い青色がベースで、とても好評です。


現在のシャトレ駅。実際に目で見ると驚いてしまう巨大で輝く駅名標

現在のシャトレ駅。実際に目で見ると驚いてしまう巨大で輝く駅名標

 そんな満足度の高いメトロだったにもかかわらず、近年、目に留まる大きな変化がありました。動いている車内からでも容易に確認できるようにと、今まで以上にサイズを大きくし、その上、蛍光になった「駅名標」です。


パリ市内メトロ路線図も紙から蛍光表示版になっていました!

パリ市内メトロ路線図も紙から蛍光表示版になっていました!

 ネズミ対策を含め、清潔で快適な地下鉄を目指し、常にいろいろな工夫がなされています。しかし、メトロを快適に利用してもらいたいと願うパリ市の対策に対し、「エコ対策はどうなっているの?」という対立意見も出ているので、輝くメトロ対策もこの辺でペースが鈍るかも?!


以前の紙の路線図

以前の紙の路線図


レポーター「別紙 敦子」の最近の記事

「フランス」の他の記事

  • 89 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website