日本

日本:東京

武藤 櫻子(むとう さくらこ)

職業…社長秘書、コピーライター
居住都市…東京都

前の月へ

2017.12

次の月へ
S M T W T F S
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

ちくわの天ぷらがどーん!

ちくわの天ぷらがどーん!

 おいしいうどんが食べたくなったので、東京駅にあるうどん屋さん「釜たけうどん」へ行ってきました。本店は大阪で、ミシュランの5000円以下で楽しめるレストランのビブルグマンとして紹介されたそうです。うどん界では「大阪讃岐うどん」というジャンルがあるらしく、その大阪讃岐うどんを東京で味わうという若干ややこしい感じですが、期待が高まります。


店の前にはうどんの説明が

店の前にはうどんの説明が

 店は東京駅の改札外に位置するキッチンストリートという、レストランや居酒屋が集まったゾーンにあります。東京駅は広大なので大体の場所は調べていました。銀座方面から行ったこともあり、一番奥の方にあったので着くまでに時間がかかりました。キッチンストリートは、八重洲側の方が近いですが、丸の内側からも北自由通路を通ればアクセスできます。

 頼んだのは店自慢の「ちく玉ぶっかけ」(880円)。温かいうどんか、冷たいうどんかを選べるので、温かいうどんにしてみました。


セットメニューも人気

セットメニューも人気

 出てきてびっくり。どんぶりの大半を占める揚げ物。これはちくわの天ぷらです。左の丸いのが玉子の天ぷら。なんだか玉子がとても小さく見えます。ちくわの天ぷらを食べてみると、肉厚で衣がカリッと揚がっていておいしいです。そして玉子は一口かじると黄身が中からとろり。そして肝心の麺はシコシコ。喉越しもつるりと心地よかったです。

 つゆのだしも旨みが凝縮していて上品。うどんは通常サイズでも満足できますし、大サイズもあります。セットとして、小丼のマグロ丼やカレーライスなどもあってそちらを頼んでいる人も多かったです。

 店に着いたのは平日の6時すぎだったのですが、一人でも入りやすく、男性客も女性客もいて、ほぼ席が埋まるにぎわいでした。東京でビジネスを終えて新幹線に乗る前に、ここで腹ごしらえをしているサラリーマンの方がいて、すごくいいアイデアだなと思いました。


お店の外観

お店の外観



レポーター「武藤 櫻子」の最近の記事

「日本」の他の記事

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website