フランス

フランス:パリ

別紙 敦子(べっし あつこ)

氏名=別紙敦子
職業=観光業
居住都市=パリ(フランス)とバルセロナ(スペイン)年間1:2の割合で、行き来しています。

前の月へ

2017.12

次の月へ
S M T W T F S
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

バルセロナ市中央郵便局集荷口

バルセロナ市中央郵便局集荷口

 スペインでもインターネット通信販売を利用し気軽にアマゾンの本や洋服、電気製品などの買い物する人が急増してきました。郵便局にとっては、お客さんが増え、うれしいことだろうが、配達人にとっては、とても厄介な仕事が急増したことになったそうです。

 ご存じの通り、手紙と違い郵便受けに入れられる大きさではないので、届けるのは容易ではありません。特に、幅狭い中世の街並みの地区などは車での配達は不可能に近く、歩いての配達になります。ところが、重い小包を運んだにもかかわらず、届け先は留守ということがほとんどです。不在通知書を書き置き、再び、重い荷物を持って郵便局に戻ることになります。そんな毎日なんてやっていられないと、配達人が不平を漏らしているに違いありません。


「コレオスパック」と言う名で新しく開発されたボックス

「コレオスパック」と言う名で新しく開発されたボックス

 こうして、考案されたのが…。黄色いこの大きなボックス!

 インターネット通信販売で注文した商品だけではなく、好きな小包みを自分の指定したコレオスパックで受け取れる仕組みで、仕事で忙しい人ら荷物を受け取るのに苦労した経験がある人にとって、大助かりの便利なシステムが誕生したのです。進んでこのボックスシステムを利用するネット販売業者も出ているそうです。日本のコンビニの小包受け取り発送システムと同等のものですね。もちろん、このボックスからの発送も可能です。

 全てインターネットを通して発送料を支払い、指定のボックスのコード番号を頂き、ドアを開閉するシステム。公共スペースのメトロ駅やガソリンスタンドなどに着実に設置が広がりつつあります(シティパック)。

 今のところ、この黄色いボックスは設置無料で、ホテルや会社の1階ロビーの他、大きな集合アパートのロビーなどの個人に供給が伸びています(ホームパック)。

 パソコンシステムの関係上、現在はスペイン国内専用だそうですが、近い将来海外も!と期待したい。





レポーター「別紙 敦子」の最近の記事

「フランス」の他の記事

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website