スイス

スイス:フリブール

小島 瑞生(こじま みずき)

職業…ファイナンス関連

居住都市…フリブール(スイス)

前の月へ

2019.8

次の月へ
S M T W T F S
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

真夏でも雪が残るスイスの山々

真夏でも雪が残るスイスの山々

 今年も繰り返しやってくる熱波。ドイツやフランスでは最高気温が40℃を超えた、なんていうニュースも耳にしました。スイスは今のところ、そこまで深刻な状況ではないのですが、40℃に近い気温や寝苦しい熱帯夜を過ごし、私の周りでは寝不足になった人もいたよう。


スイス東部グラウビュンデン州の山の景色

スイス東部グラウビュンデン州の山の景色

 こういったここ数年の猛暑が影響し、スイス人の夏休みの過ごし方に変化が出てきています。
夏休みといえば、スペインやイタリアなど南ヨーロッパで、こんがり日焼けをして、ビーチでのんびりくつろぎたい!という人がこの国では多いのですが、この暑さで「スイスがすでに南欧のような暑さだし、わざわざ更に暑い南ヨーロッパへ行くことないなあ」と考える人たちが増え、その結果、夏休みはスイス国内で過ごす人が増えているのだそうです。


風が爽やかで風光明媚なスイスのグリュイエール地方(フリブール州)

風が爽やかで風光明媚なスイスのグリュイエール地方(フリブール州)

 スイスでの休暇はお金がかかりそうですが、別荘を持っているスイス人もいますし、スイス全土にある、気温が低いアルプスの高い山などへ登ってしまえば、手っ取り早く避暑が可能になるというのも、理由としてあるのかもしれません。
 
 スイスの大手旅行会社ホテルプランによれば、夏休みの人気渡航先は南国の島で休暇ができる所だそうですが、ここ数年で人気が出てきた休暇先として、スウェーデンやノルウェーなどの北欧や英国、アイルランドがあがってきているといいます。


学生の町英国オックスフォードの通り。夏休み中は日本など海外からの学生が英語を学びに来ます

学生の町英国オックスフォードの通り。夏休み中は日本など海外からの学生が英語を学びに来ます

 確かにヨーロッパ大陸で40℃越えになっても、例えばアイルランドでは最高気温が25℃~30℃に届くか届かないか、ということがほとんど。ヨーロッパ大陸を襲う熱波から逃れるには、ちょうど良いのかもしれませんね!

 それでは、夏休みにスイスから出なかった人は、もう海外へ行かないのかといえばそうでもなく、涼しくなる秋に海外旅行をする傾向が増えているのだとか。地域にもよりますが、10月半ば~11月初めに学校が2週間ほど『秋休み』になるので、その時に旅をする人が増えているようです。

 スイスに本格的な寒い冬が来る前に、しっかり南欧などで太陽光を浴びておこう!とみんな考えているのでしょうね(笑)。


アイルランドは、夏でも涼しいだけではなく、海や自然も美しいです

アイルランドは、夏でも涼しいだけではなく、海や自然も美しいです


レポーター「小島 瑞生」の最近の記事

「スイス」の他の記事

  • 93 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives