ブラジル

ブラジル:サンパウロ

大浦 智子(おおうら ともこ)

職業…フリーランス
居住都市…ブラジル国サンパウロ市

前の月へ

2018.11

次の月へ
S M T W T F S
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

難民ワールドカップ・リオ大会の大使となったジーコさんとアブドゥルバセット・ジャロールさん(写真提供:アブドゥルバセットさん)

難民ワールドカップ・リオ大会の大使となったジーコさんとアブドゥルバセット・ジャロールさん(写真提供:アブドゥルバセットさん)

 ブラジルではFIFAワールドカップ・リオ大会の行われた2014年から、「難民ワールドカップ(Copa dos refugiados)」が毎年開催されています。主催者はブラジルのNGOのア・アフリカ・ド・コラソン(A Africa do Coração)です。

 難民ワールドカップは、難民や移民の彼ら自身による彼ら自身の大会で、難民に関するさまざまな問題や難民がブラジル社会に統合していこうとする姿を通して、難民や移民への関心を高めてもらうきっかけとなっており、年々注目度を高めてきました。

 サンパウロ市で始まった同カップは、昨年からリオグランデドスル州ポルトアレグレ市、そして今年はリオデジャネイロ市でも開催され、各地で上位入賞したチームが今年は9月29、30日にサンパウロ市で決勝戦を行います。

 8月4、5日はリオデジャネイロ初の難民ワールドカップが開催され、元日本代表監督のジーコさんがリオ大会の大使に就任しました。7月24日に主催者の副代表でコーディネーターのアブドゥルバセット・ジャロールさん(28)=シリア・アレッポ出身=がリオに行き、その就任式が行われました。

 ジーコさんは今回のリオ大会はちょうど日本を訪問していて参加できませんでしたが、難民ワールドカップのために自らのサッカー施設(CENTRO DO TREINAMENTO ZICO)を無償で提供するなどしてサポートしました。


ジーコさんの難民ワールドカップ・リオ大会の大使就任式に集まった人々(写真提供:アブドゥルバセットさん)

ジーコさんの難民ワールドカップ・リオ大会の大使就任式に集まった人々(写真提供:アブドゥルバセットさん)

 アブドゥルさんは14年に激化するシリア内戦を逃れてブラジルに渡り、難民となりました。16年から難民が中心となって運営するNGOア・アフリカ・ド・コラソンの副代表兼コーディネーターを務めています。

 やむを得ず郷里のアレッポを離れ、日々ハードに仕事をこなしながらボランティアも積極的に引き受けるアブドゥルさん。ジーコ大使の就任式の日には、故郷を思い出す心温まる話題がジーコさんとの間で交わされました。


ジーコさんからアブドゥルさんに送られたメッセージ入りのジーコのユニホーム

ジーコさんからアブドゥルさんに送られたメッセージ入りのジーコのユニホーム

 「ジーコさんは2007年にアレッポに来ていました。それはアレッポで新しい大きなスタジアムがオープンした日のことで、オープニングセレモニーとして、アレッポのサッカークラブのアレテハド・アルハラベ(Aletehad Alhalabe)対トルコのサッカークラブのファナルバクチャが親善試合を行いました。その時のファナルバクチャの監督がジーコさんで、私はその試合をスタジオで観戦していたのです!」と、郷愁と感激を交えて話すアブドゥルさん。


ジーコさんからアブドゥルさんに送られたサイン入りのジーコのユニホーム

ジーコさんからアブドゥルさんに送られたサイン入りのジーコのユニホーム

 アレテハド・アルハラベは、10年にはアジア大会で優勝したほどの強豪チームです。シリア人もサッカーファンが多くいますが、11年から内戦に突入し、サッカーどころではなくなってしまいました。

 ジーコさんは試合のためアレッポを訪問したことをよく覚えていて、アブドゥルさんがアレッポ出身であることを大変喜ばれたそうです。就任式の終わりには現役時代のジーコのユニホームにアブドゥルさんへのメッセージがつづられました。

“Ao Abdul com carinho de seu visitante a Alepo ZICO.”
(アブドゥルへ 愛をこめて アレッポの訪問客ジーコより)


8月5日の難民ワールドカップ・リオ大会で優勝したアンゴラチームとアブドゥルさん(写真提供:アブドゥルバセットさん)

8月5日の難民ワールドカップ・リオ大会で優勝したアンゴラチームとアブドゥルさん(写真提供:アブドゥルバセットさん)

 シリアで内戦が起こるまでは、まさか自分がブラジルに来て、まさかジーコさんに会うとは想像もしていなかったアブドゥルさん。哀しみと喜び、そして深い信仰とともに、シリアはもちろん、世界中の全ての国々がFIFAワールドカップに出場できる日を夢見続けます。

【アブドゥルさんに関する参照サイト】
http://www.ima-earth.com/contents/entry.php?id=2018516194439


レポーター「大浦 智子」の最近の記事

「ブラジル」の他の記事

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives