ブラジル

ブラジル:サンパウロ

大浦 智子(おおうら ともこ)

職業…フリーランス
居住都市…ブラジル国サンパウロ市

前の月へ

2021.4

次の月へ
S M T W T F S
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ドライブスルーの幕がかけられてたサンパウロ市内のレストランの駐車場

ドライブスルーの幕がかけられてたサンパウロ市内のレストランの駐車場

 2021年3月15日から、新型コロナウイルス感染拡大による外出規制レベルを、これまでの5段階からさらに1段階レベルを強化して紫レベルにしたサンパウロ。

 14日にはドリア州知事への抗議などが市内の大通りで行われていましたが、15日からは紫レベルの規制内で経済活動などが行われています。

 ようやく通学できるようになった子どもたちも再びオンライン授業のみに戻り、生活に直接必要のない商店は閉店され、飲食店の営業は店頭でのテイクアウトが禁止され、以前よりも一層人の動きが少なくなっている気配を感じます。


デリバリーサービスの案内の幕がかけられたサンパウロ市内のレストラン

デリバリーサービスの案内の幕がかけられたサンパウロ市内のレストラン

 レストランでは店頭の持ち帰りができなくなり、デリバリーかドライブスルーでのみの受け渡しが可能になっています。

 駐車場のあるレストランなどでは「ドライブスルー」と記した幕がかけられ、駐車場で車に乗ったまま受け渡しする光景が見られるようになりました。しかし、整備が不十分な店では、駐車場で人が手渡ししているようなケースも見られ、規制を強化しても、規制に徹することのできないサンパウロの現実があります。


レストランが料理に合わせて用意しているデリバリーやテイクアウトのための使い捨て容器

レストランが料理に合わせて用意しているデリバリーやテイクアウトのための使い捨て容器

 レストランは再び店内での飲食ができなくなり、デリバリーか持ち帰りが増えて以来、特需景気となっているのは使い捨ての容器を販売する会社です。

 レストランでも、デリバリーが増加したことで、今まで以上に、料理に合わせた多様な使い捨て容器のサイズやデザインが必要となっています。お届けする際の手提げ袋などにもお客さんが喜んでくれるようなデザインにこだわる必要も出てきており、各レストランはコロナ禍での試行錯誤を繰り返している様子があります。


レストランのデリバリーで需要が増している様々なデザインの配達用手提げ袋

レストランのデリバリーで需要が増している様々なデザインの配達用手提げ袋


ラッシュアワーの時間で本来は人が多い時間でもすいている大通り

ラッシュアワーの時間で本来は人が多い時間でもすいている大通り


レポーター「大浦 智子」の最近の記事

「ブラジル」の他の記事

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives