タイ

タイ:バンコク

青柳 みちよ(あおやぎ みちよ)

職業…主婦ライター

居住都市…バンコク(タイ)

前の月へ

2018.12

次の月へ
S M T W T F S
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

 バンコクには「日本の包丁を専門に扱う店」があります。各国の料理を楽しむことのできるバンコクで、「日本の包丁専門店」とはこれいかに。さっそくのぞきに行ってきました。


 まだ新しそうな建物は、小ぶりながら清潔感のある店構えです。店に入ってまず目を奪われるのが、壁一面にディスプレーされたさまざまな和包丁。持ち手や刃の部分にそれぞれ違いがあるのがよく分かります。その前には試し切りをするためのまな板と野菜を載せたカウンターがあり、店の奥に入ると包丁を研ぐための仕事場がオープンになっていて、仕事の様子を見ることができるようになっています。


 ブランド別のキッチン用品専門店はほかにも見掛けますが、この店のように「日本の包丁」に特化した専門店を見るのは初めてです。

 確かに和包丁は使い勝手もクオリティーも良い、と海外の料理人たちが言うのを時折耳にします。そういうプロの言葉に耳を傾けた結果、生まれた店なのかもしれません。


包丁用のバッグ

包丁用のバッグ

 店では「日本全国から自分たちの手で集めた包丁」を扱っており、持ち込まれた包丁を研いだり修理したりする際にも、日本の砥石(といし)を使用しているそうです。

 同じ包丁を使い続けることを何よりも大切に思う、という店の信条を見ても、どこか「和の精神」と共通するものを感じます。


 まるで日本の和包丁の店をそのまま持ってきたようなこの店。希望があれば包丁に「名入れ」もしてくれるそうですから、まさしく日本風サービスです。
バンコクでは日本の文化がまたひとつ、新たに花開いているようです。


レポーター「青柳 みちよ」の最近の記事

「タイ」の他の記事

1 - Comments

より:

2018 年 04 月 15 日 18:37:33

この店ってどちらにあるのでしょうか?
差し支えなければお願いします。

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives