フランス

フランス:ボルドー

針谷綾子(ハリガイアヤコ)

職業…シャトーでのワイン販売/ぶどう畑(シーズン時)
居住都市…ボルドー(フランス)
→こちらで記事をかきはじめた頃はニュージーランド南島のブレナムに滞在していました。2012年の夏から夫の仕事の関係でフランスのボルドー地方のマルゴーに住み始めました。現在滞在5年目です。ボルドーレッドで有名なワインの町です。ボルドーは小さなパリと呼ばれており、観光地としても人気があります。

前の月へ

2018.7

次の月へ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

18歳の誕生日は特別

18歳の誕生日は特別

フランスでは18歳と40歳の誕生日は盛大にお祝いをします。フランスで18歳というと成人を意味します。飲酒・たばこも許されます。40歳はというと社会に出てある程度落ち着き、自分の家族も持ち、人生の余裕が出てくる頃として大人として特別な年とされています。40歳を節目に10年ごとに大規模に誕生日を祝う人が多いです。


お酒解禁! シャンパンでお祝いです

お酒解禁! シャンパンでお祝いです

 先日、友人の娘さんの18歳の誕生日会に招待されました。娘さんのために家族がパーティーを企画し、広々とした野外で開催されました。招待された人たちの数も多く、デコレーションなどはまるでガーデンウエディングのよう。昼すぎから夜遅くまで、みんなでワイワイと楽しい時間を過ごしました。

 しかし、私はこの娘さんとは初対面。けれど、18歳で大人の仲間入りをするということで、ご両親の友人にも紹介するという意味合いもあったようです。フランスはこのように子どもと大人という境界線があまりなく、家族ぐるみ、みんなで交流します。この温かいつながりは、今後も大切にしていきたい習慣の一つです。


18歳になっていない友達のためにこちらはノンアルコールパンチ

18歳になっていない友達のためにこちらはノンアルコールパンチ

 日本では年を取ることを老いとして後ろ向きに捉えがちかと思います。けれど、フランスではどんどん大人になっていく喜びとして、周囲の人々とともに喜びを分かち合うのが誕生日。人生のライフスタイルの気構えの違いを垣間見ているように思えます。日本人の私たちも、いくつになっても今を迎えられていることに喜びを感じながら、周りの人たちを大切に感謝を忘れずに生きていきたいものです。




レポーター「針谷綾子」の最近の記事

「フランス」の他の記事

タグ:

  • 25 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website