フランス

フランス:ボルドー

針谷綾子(ハリガイアヤコ)

職業…シャトーでのワイン販売/ぶどう畑(シーズン時)
居住都市…ボルドー(フランス)
→こちらで記事をかきはじめた頃はニュージーランド南島のブレナムに滞在していました。2012年の夏から夫の仕事の関係でフランスのボルドー地方のマルゴーに住み始めました。現在滞在7年目です。ボルドーレッドで有名なワインの町です。ボルドーは小さなパリと呼ばれており、観光地としても人気があります。

前の月へ

2018.10

次の月へ
S M T W T F S
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

例年より早く、巨大に育ったミニカボチャ

例年より早く、巨大に育ったミニカボチャ

 ヨーロッパでも猛暑が続いている今年。農家さんたちの作物にも変化が現れているのはもちろんのこと、各家庭のガーデンにも例年とは違った変化が現れています。


10年近く夫の実家にあるバラ、今年は小ぶり

10年近く夫の実家にあるバラ、今年は小ぶり

 開花の時期が数週間から1カ月早まったり、いつもは大輪の花が咲くのに小ぶりの花がたくさん付いたり、例年の涼しさがないので花が咲かなかったり。植物の変化は、人間よりも顕著でさまざまです。


お友達との集まりでの話題は家庭菜園と猛暑の影響でもちきり

お友達との集まりでの話題は家庭菜園と猛暑の影響でもちきり

 ヨーロッパも日本の農家さんも同様ですが、農家さんは農作物で生計を立てていらっしゃるので、1カ月前後スケジュールにズレが出ることは大変なこと。ワインブドウもそうです。収穫時期が遅れるということはワイン醸造にもズレが出てしまう。

 気温が1、2度例年より上がるだけでも、あちこちで顕著に現れる変化には驚かされます。だからこそ環境問題には個人がそれぞれしっかりとした意識を持ち、日々生活していく必要があると痛感します。




レポーター「針谷綾子」の最近の記事

「フランス」の他の記事

タグ:

  • 48 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website