台湾

台湾:台北

小川 聖市(オガワ セイイチ)

職業…日本語教師、ライター

居住都市…台北市近郊の新北市(台湾)

前の月へ

2020.1

次の月へ
S M T W T F S
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブースの関係者と自撮りも

ブースの関係者と自撮りも

 台湾美食展のもう一つの目玉が、27日11:00から開催されたイメージキャラクターに就任した俳優・速水もこみちさんのファンミーティング。中央の座席は、整理券が配られているとはいえ、開催前には長い列ができ、主役の登場を待っている感じでした。

 会場到着前、速水さんは他のブースを回り、担当の方と色々話していました。速水さんご本人は慣れていらっしゃるのか、周りに人が集まっても自分のペースを保ち、自撮りにも対応できる余裕も見られました。

 陳建仁副総統とほとんど同じような状況を遠巻きに見ていて、有名人の苦労を改めて知ったような気がしました。


登壇した速水もこみちさん

登壇した速水もこみちさん

 その後、登壇した速水さんは、軽快なトークで客席を盛り上げました。
 客席を見ても、台湾だけでなく、日本から来たであろうファンの方が集まっていた印象でした。


ファンが選んだ台湾名物の試食コーナー

ファンが選んだ台湾名物の試食コーナー

 台湾美食展のホームページで、「速水さんに試食してもらいたい台湾名物」というアンケートを取り、その上位に入った食べ物を試食していました。

 見た目が良くないもの、味や香りなどクセがスゴいものが出てきましたが、ご自身でも料理をし、包丁など調理器具のブランドを手がけていることもあってか、冷静に味を分析し、振り返っていました。


サインを入れる速水さん

サインを入れる速水さん

 終盤に入り、ドラマのポスター、自身が手掛けるブランドの前掛けなどにサインを入れたグッズの抽選会も行われ、当選者は壇上に上がって速水さんご本人から手渡されるだけでなく、記念撮影も行われました。

 サインも速水さんがその場で入れたレア物。
 抽選から漏れた方からは、当たった方をうらやむ声もちらほら聞かれました。

 うらやむ声が更に上がったのが、サイン入り前掛けの贈呈の時。
 速水さんの着用のお手伝いがあり、腰ひもを後ろで結んであげるサービスは、誰でも妬いてしまうでしょうか。


ろうそくの火を消す速水もこみちさん(左)、右は台湾観光局のマスコット「Oh! Bear(オーベア)」

ろうそくの火を消す速水もこみちさん(左)、右は台湾観光局のマスコット「Oh! Bear(オーベア)」

 最後に、台湾観光局のマスコット「Oh! Bear」がケーキを持って登場しましたが、ご本人も会場のファンの方も事情を分かっていない様子。

 実は、速水さんの誕生日をお祝いしようと主催者が用意したバースデーケーキでした。

 ちなみに、速水さんのオフィシャルサイトによると、生年月日は1984年8月10日。7月27日は早い感じがありますが、一足早く、台湾で誕生日のお祝いとなりました。


 ファンミーティング終了後、会場を巡ると、速水さんが訪れたタピオカミルクティのお店が出展したコーナーでは、その時の写真が貼られ、速水さん自身が手掛ける調理器具ブランドの特設コーナーでは、直筆のサインが入れられた包丁などが展示されていました。

 来年以降も、イメージキャラクターとして速水さんが来ることを主催者側は期待しているような感じですが、どうなるでしょうか。


レポーター「小川 聖市」の最近の記事

「台湾」の他の記事

  • 142 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives