台湾

台湾:台北

小川 聖市(オガワ セイイチ)

職業…日本語教師、ライター

居住都市…台北市近郊の新北市(台湾)

前の月へ

2019.6

次の月へ
S M T W T F S
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

一週間前の準備の様子

一週間前の準備の様子

 去年は密着して、全日程の様子を紹介した台北市立第一女子高級中學(以後、北一女)の模擬国連・ワールドユースサミット。2月2~10日の旧正月休み前の1月29~31日に開催され、過去3年同様、京都市立堀川高等学校(以下、堀川)も生徒代表2名が参加しました。

 過去3年と違い、2名と少なかったのは少し寂しい感じでしたが、参加した生徒の2人は引率の先生に支えられながら、しっかり存在感を見せていました。今回から、その様子を中心に紹介していきます。


開会式前の様子

開会式前の様子

 開催1週間前に準備の様子を見せてもらおうと、広報担当の生徒の許可をいただき、見せていただいたのは、1枚目の緊張感漂う会議の進行確認と会議で使う小道具作りでした。

 準備は昨年の夏休みから行っていて、この時は最後のツメの作業という感じでしたが、冬休みに入ったばかりということもあってか、小道具作りは、比較的リラックスした雰囲気で口だけでなく手もしっかり動いている感じの作業でした。


議長入場の様子

議長入場の様子

 開会式前は初対面の人たちが多いこともあってか、緊張した雰囲気が漂っています。そこから楊世瑞校長のあいさつがあり、昨年に続いて私が紹介され、イジられたことで、ちょっと緩んだ雰囲気になっていきました。

 この紹介が、最終日に予想していない展開を招くのですが…

 それは次回以降ということで。


林世嘉(リン・シージャー)さんの基調講演

林世嘉(リン・シージャー)さんの基調講演

 恒例の基調講演は、過去に立法委員(国会議員に相当)の経歴があり、台湾のWHO加盟運動を進めていた実績を持つ林世嘉さんが務めました。

 今年は、全編中国語で行ったこともあり…


通訳(前列の左から3人目、後列の左から2人目)を配置

通訳(前列の左から3人目、後列の左から2人目)を配置

 堀川の指導の先生と、参加した生徒2名に通訳を配置することになりました。

 ところが、講演が台湾の政治に踏み込んだ内容になっただけでなく、慣れていない台湾語を交えながら行われた影響で、通訳の生徒が絶えずアイコンタクトをとりながら、「どうしよう…」と困った表情を浮かべていました。

 基調講演は1時間以上行われ、ほおづえをついて寝ている参加者もいれば、一生懸命ノートをとりながら聞いている参加者もいて、百者百様といった感じでした。

 この温度差も、午後から始まる会議に少なからず影響を及ぼしてくるのですが、それも次回以降ということで。


レポーター「小川 聖市」の最近の記事

「台湾」の他の記事

  • 151 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives