台湾

台湾:台北

小川 聖市(オガワ セイイチ)

職業…日本語教師、ライター

居住都市…台北市近郊の新北市(台湾)

前の月へ

2019.5

次の月へ
S M T W T F S
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

金ピカの貨幣たち

金ピカの貨幣たち

 昨年、「新春の訪れを感じさせる」というタイトルをつけましたが、実質北港朝天宮の出張寺院の紹介に終わった感じでした。

 それならば、ということで撮影してきたのが、上の写真の金ピカの貨幣。台湾元、日本円だけでなく、アメリカドル、ユーロ、人民元もありました。1枚50元(約178円)で売られていましたが、その使い方は「財布に入れたり、(ご祝儀用の)赤い封筒に入れたりして、金運を呼び込む」だそうです。


赤の下着

赤の下着

 こちらでは、赤の下着は縁起が良いとされているそうで、上の写真の男性用だけでなく、女性用も販売されていました。1枚300元(約1070円)で、販売され、複数枚買うと割引するサービスも行っていましたが、私が訪れた際に購入していた人はいませんでした。
 縁起物とはいえ、男女関係なく、これを履くのは少々勇気がいるような気がしますが、皆さんはいかがでしょうか?


春聯の直筆サービス

春聯の直筆サービス

 会場で、888元(約3167円)以上購入すると受けられる春聯の直筆サービスも人気が高く、筆者の後ろには、多くの春聯が干してありました。


売り物ではありませんが…

売り物ではありませんが…

 こちらはあるブースで見かけた手提げ袋。
 売り物ではありませんし、また購入者に提供されるものでもありません。
 飾りで置いているものですが、雰囲気だけでも…ということでしょうか。


特設ステージの活動の様子

特設ステージの活動の様子

 世貿中心の年貨大街を彩るのは、特設ステージでの活動。
 毎日、各時間帯に様々な催しが行われています。

 空き時間には、設置された椅子に座って休む人もいますが、そのままゴミを残していく人も少なくなく、汚れているように見えることもしばしば。近くにゴミ箱もあるのですが、何かいい方法はないでしょうか。

 つづく


レポーター「小川 聖市」の最近の記事

「台湾」の他の記事

  • 117 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives