台湾

台湾:台北

小川 聖市(オガワ セイイチ)

職業…日本語教師、ライター

居住都市…台北市近郊の新北市(台湾)

前の月へ

2019.10

次の月へ
S M T W T F S
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

TOEFLのブースより

TOEFLのブースより

 日本では来年から英語教育が変わろうとしています。
 その準備も、着々と進んでいるのではないでしょうか。
 そうすると、私は「台湾はどうなの?」と思い、あちこち回って調べ、その様子をこちらで紹介していますが、今年の書籍展でも見つけたものがあったので、紹介します。

 書籍展では、英語力を図るテストのTOFELを運営している会社が1、3号館にブースを出していただけでなく、英語教育の啓蒙活動を行っていました。
 上の写真は、1号館のブースにあった児童用のTOEFL Primaryの体験コーナーですが、答えが合う度に喜んでいる自分がいました。


講演も充実

講演も充実

 特設ステージだけでなく、ブース内でも講演を行っていて、母親と見られる教育熱心な方が聞き入っていました。


特設ステージで講演を行う呉詩綺(ウー・シーチー)先生

特設ステージで講演を行う呉詩綺(ウー・シーチー)先生

 講演の中で、私が印象に残っているのが、國立台湾師範大學附属高級中學の英語教師の呉詩綺先生のもの。3分の1近く英語で行っていましたが、説明も非常に分かりやすく、ゲームを行っていた際の雰囲気の作り方、ジェスチャーと抑揚のつけ方も見事で、すぐに引き込まれるのが分かるものでした。

 英語が苦手な方でも、克服できそうな楽しい講演、指導法は、導入期の子供たちには十分有効のように感じました。

 後で確認したら、呉先生は下記URLのVTRに出ていたそうで、びっくりしました。

https://www.youtube.com/watch?v=nAKFhMCnF4Q

https://www.youtube.com/watch?v=TH3198ustwA

*呉先生のfacebookのサイト
https://www.facebook.com/甜豆老師-?詩綺-207947329798286/?eid=ARDWgW15Sus15cUWim9a2hheRpkqgxSTcpuQjaWIfctlprdWOGe1sATnjF8xNB53E7ZG54TFDCSSzCDM

*同、YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCLtg8yA_SxanUivd87SvqWA/featured


3号館のあるブースより

3号館のあるブースより

 児童書が中心の3号館でも、児童用の英語の書籍が多く販売されていました。タッチペンで書籍にある英文が聞けるのは当たり前になっていて、子供達が興味を引く内容、テーマの海外の英語の書籍の販売も目立ちました。


学生たちが愛読する英語の雑誌

学生たちが愛読する英語の雑誌

 上の写真は、訪問先の高校の生徒がいつも手に取っている雑誌です。この雑誌もブースを設けていて、ネイティブの講師との交流会も企画されていました。

 また、金曜日夜には台北市内で英語に触れる機会を無料で行っているそうで、そちらは機会があったら改めて紹介できれば、と思います。

 私自身、まだまだ知らないことが多い台湾の英語教育事情、分かったことがあったらまた紹介していきますので、よろしくお願いします。

 つづく


レポーター「小川 聖市」の最近の記事

「台湾」の他の記事

  • 133 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives