台湾

台湾:台北

小川 聖市(オガワ セイイチ)

職業…日本語教師、ライター

居住都市…台北市近郊の新北市(台湾)

前の月へ

2021.1

次の月へ
S M T W T F S
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

日本関係のブースは盛況でした。

日本関係のブースは盛況でした。

 前回も紹介しましたが、台北国際旅行展での日本関連のブースは前年比半分近くまで減ったものの、来場者が多く訪れ、盛況でした。

 ブースも、台湾で働く日本人スタッフと台湾人スタッフが一体になって来場者にPRしている姿が見られ、元気と活気があるところをしっかり見せていました。


ステージ活動より

ステージ活動より

 一部のブースは、メインのステージを使い、自分たちのPR活動を行っていました。上の写真は、熱海温泉ホテル旅館協同組合の公式キャラクター「あつお」のPRしているところですが、名前だけで福岡ソフトバンクホークスの方を思い出し、ついあのポーズを出してしまいました。


熊本県のPRブースより

熊本県のPRブースより

 上の写真は熊本県のPRブースで見つけたメッセージ帳。

 台湾人が日本語で書き残し、「熊本愛」、「くまモン愛」を弾けさせていて、それを見るたびに泣けてきそうになりました。


台東のブースより

台東のブースより

 こちらは台東のブースの壁紙。

 日本人の来場者がほぼほぼ現地在住者に限られる中、日本語のメッセージを残した攻めの姿勢に頭が下がりました。


来年、日本で会おう! ガンバレ!

来年、日本で会おう! ガンバレ!

 こうして振り返ってみると、日本旅行に行けなくても、日本関連ブースの資料やグッズのプレゼント企画で「脳内日本旅行」を堪能し、来年以降の日本旅行の期待に胸を膨らませている感じでした。

 上の写真のメッセージは、そうした台湾人のアツい思いを見事に代弁しているように感じました。

 今、日本全体で思うように暮らせない日々が続いていると思いますが、これまで紹介した日本旅行に飢えている台湾人のアツい思いを励みに、1人でも多くの方が前を向き、明るい気持ちを持って進んで行ってほしいと願います。


レポーター「小川 聖市」の最近の記事

「台湾」の他の記事

  • 200 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives