オーストラリア

オーストラリア:パース

スポーズ 正美(スポーズ まさみ)

職業…主婦
居住都市…パース (オーストラリア)

前の月へ

2024.6

次の月へ
S M T W T F S
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

今月、東日本大震災のためのチャリティーイベントが、パースシティのど真ん中で開催されました。
今までのパースでの日本のイベントで一番たくさんのバンド、コーラスグループが出場しました。


私たちコーラスさくらももちろん出場しました。浴衣を着てのコンサートで、「さくら さくら」「見上げてごらん夜の星を」「手のひらを太陽に」「ふるさと」の4曲を披露しました。「手のひらを太陽に」を歌っているとき、自然と涙が出そうになりました。「ぼくらはみんないきている いきているからうたうんだ(わらうんだ、かなしいんだ、うれしいんだ)」おば様たちは「ふるさと」を歌うといつも涙がでると言っていました。


ちょうど私が会場に着いたとき、若者がディジュリドゥ(オーストラリア先住民アボリジニの木管楽器)とドラムの演奏を披露していました。みんなで手拍子して盛り上げていました。

他にも色々なブースがありました。着物を試着できるところ、折り紙の折り方を説明してくれるところ、習字で何か書いてもらうところ。オーストラリアの人達は、自分の名前を書いて欲しいという人が多かったように思います。タトゥーを漢字で入れている人も多く、漢字は美しいと言ってくれる人が多いです。


イベントの中間地点で、パース市長、パース日本国総領事方々のお話がありました。
パース市長のお話が印象的でした。彼女は日本に少なくとも10回は行っていて、日本が大好きのようでした。今帰れるうちがあり、美味しい食事ができ、布団で眠れることがどれだけ幸せなことかということを、涙ながらに訴えられていました。


当日は100名以上のボランティアが参加し、数千人の来場者がイベントに来てくれました。
募金も$11353.55+15000円集まったようです。
これが終わりではなく、引き続き色々な形で被災地の方々への支援活動を続けていきます。
今回はみんなで協力することの大切さ実感しました。


レポーター「スポーズ 正美」の最近の記事

「オーストラリア」の他の記事

  • 2092 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website