ネパール

ネパール:カトマンズ

うえの ともこ

職業…ライター、旅行会社勤務
居住都市…カトマンズ市(ネパール連邦民主共和国)
ナマステ!
ヒマラヤ山脈の麓、摩訶不思議な国にて、てんやわんやの愉快な生活を送っています。
こんなことからあんなことまで主婦的目線でリポートします。

前の月へ

2017.11

次の月へ
S M T W T F S
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

 丸まった細かい茶葉を煮出し、砂糖とスパイスを加えて鍋で煮出す紅茶「チヤ」は、ネパールの国民的ドリンクです。カフェはもちろん食堂や路上でも飲むことができます。


村の家屋のようでありながらおしゃれ!

村の家屋のようでありながらおしゃれ!

 一昔前は小さなガラスコップに注がれていましたが、最近は手軽なプラスチックの使い捨てカップに変わりつつあります。ガラスコップ以前には、赤土の陶器のコップが使われていました。見知らぬ人が使った食器やカトラリーを避け、葉っぱのお皿を用いたり、手で食べる習慣があったように、お酒やお茶など飲み物も素焼きの使い捨てカップが使われていたのです。飲み終わったら、地面にたたきつけて割る!!そのまま土に返します。


バサンタプル ダルバール広場に入って右手です

バサンタプル ダルバール広場に入って右手です

 近年ほとんど見かけなくなりましたが、あえてこのカップを用い、お茶やコーヒーを出すカフェ(ZYLifestyle)があります。世界遺産のカトマンズ王宮広場入り口傍、間口を広げた店舗前のチョークアートが目を引きます。れんが造りに丸太のはり、村の家屋のような土間にカウンター、軒下に腰掛けを配したとてもシンプルなお店です。若いスタッフがテキパキと働いています。


たくさんの素焼きのカップ

たくさんの素焼きのカップ

 カップは隣町のバクタプルで焼き物職人によって作られています。物が少なかった時代に戻った気分になって、温もりのある手作りのテラコッタカップでチヤをすすってみるのも一興ですね。なお、ふた付き紙カップでも出しています。


ポップな黒板アートの前でセルフィーを撮ってみては?

ポップな黒板アートの前でセルフィーを撮ってみては?


レポーター「うえの ともこ」の最近の記事

「ネパール」の他の記事

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives