フランス

フランス:パリ

別紙 敦子(べっし あつこ)

氏名=別紙敦子
職業=観光業
居住都市=パリ(フランス)とバルセロナ(スペイン)年間1:2の割合で、行き来しています。

前の月へ

2017.12

次の月へ
S M T W T F S
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

 フランスの著名人や画家の絵画の切手

フランスの著名人や画家の絵画の切手

 パリの郵便局に切手を買いに行くと、「販売機で買って」と、即座にあしらわれてしまうようになりました。ここ数年の営業時間短縮と人員削減のせいでしょうか。すっかり、その国独特の切手を目にする楽しみが無くなってきました。


郵便送料精算機

郵便送料精算機

 以前は、窓口でいろいろな種類の絵や写真の美しいデザインの記念切手を選ばせてくれ、楽しめたものです。記念切手は、その年のイベント、地方ごと、テーマごとに描かれた美しい切手。郵便の情緒を楽しむことができにくくなってきて少し寂しいです。

 記念切手は、どの局でも扱っているわけではなくなったようです。その代わり、ネットを通して購入が簡単になりました。


1000人の高校生の応募により、2013年当時仏大統領が選んだマリアンヌ

1000人の高校生の応募により、2013年当時仏大統領が選んだマリアンヌ

 フランス共和国を擬人化し、象徴とされている「マリアンヌ」は昔から硬貨や切手に描かれ親しまれています。この切手は、デザインは同じですが、値段ごとに色が違い、街に点在するTABACで簡単に購入できます。


自動販売機では4つの送り方を選択

自動販売機では4つの送り方を選択

 郵便送料精算機の上のトレイに手紙を置くと、重さを量るシステムがあり、料金が表示されます。この時、4つのタイプの切手を選ぶように指示されます。
1)郵便追跡サービスがついている
2)エコノミー―4日後着希望
3)レットル・ヴェルト―2日後着希望
4)優先書簡―翌日着を希望
 希望するものを画面タッチで選択し、会計に進むだけです。郵便局にも、押し寄せる「無人化」は必然なのでしょうか?



レポーター「別紙 敦子」の最近の記事

「フランス」の他の記事

  • 58 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website