台湾

台湾:台北

小川 聖市(オガワ セイイチ)

職業…日本語教師、ライター

居住都市…台北市近郊の新北市(台湾)

前の月へ

2018.11

次の月へ
S M T W T F S
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

屋根が開くまでもう一息

屋根が開くまでもう一息

 最後の屋根が奥に収まれば、完全に開くことになります。屋根が開いたときの最大の楽しみは…。


CNタワー!

CNタワー!

 向かいにあるCNタワーを拝むことができます。一塁側に座ると、CNタワーが背後に来るので見えませんが、三塁側に座るとしっかり見えます。

 ちなみに、ブルージェイズのベンチは三塁側に設けられています。言い換えると、「CNタワーばかり見てないで、ブルージェイズもしっかり応援してよ」という感じでしょうか。

 上の写真くらい天気が良ければ、地上356メートルの地点で外に出てタワーの周りを歩く「エッジウオーク」と呼ばれるアトラクションを体験している人たちもゴマ粒程度ですが見えます。


夜はライトアップ!

夜はライトアップ!

 そして、夜はCNタワーもライトアップされ、試合を引き立ててくれます。こちらにも目を奪われず、試合もしっかり観戦しましょう。

*CNタワーのエッジウオークは、こちらのサイトで紹介しています。ご参照ください。

https://www.canada.jp/stories/post-2637/


外野席の眺め

外野席の眺め

 外野席(1階)からの眺めは、このような感じです。2階席の圧迫感から逃れたい人は、前の方の席に座るといいかもしれません。
 
 ただ、前の方の席は、その席のチケットを持っていない人が座っていることが多いので、チケットを見せて移動してもらうか、近くにいる係員に相談して解決してもらうといいでしょう。


1塁側の席から

1塁側の席から

 これが一塁側の眺め。前記の通り、CNタワーは全然見えません。

 加えて、観戦時期によっては上の写真のように(この写真では太陽がうまくビルに隠れています)日が沈む時刻に太陽と向かい合う感じになることがあるので、日差しが苦手な方は、サングラスがあるといいかもしれません。

 最後に、ビールなどアルコール類を飲んで、気分が良くなることがあるかと思いますが、その時は言動や態度に気を付けましょう。

 私が見たものでは、ブルージェイズ敗戦寸前のアストロズ戦で、大声でふがいないブルージェイズやアストロズのある選手をけなしていた方がいて、係員の合図で警察官がその方のところへ行ってその場を収めた、ということがありました。

 以上、3回に分けて観戦ガイドをまとめてみました。
 トロントへ行った方で、MLB観戦を考えている方のお役に立てば幸いです。


レポーター「小川 聖市」の最近の記事

「台湾」の他の記事

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives