ネパール

ネパール:カトマンズ

うえの ともこ

職業…ライター、旅行会社勤務
居住都市…カトマンズ市(ネパール連邦民主共和国)
ナマステ!
ヒマラヤ山脈の麓、摩訶不思議な国にて、てんやわんやの愉快な生活を送っています。
こんなことからあんなことまで主婦的目線でリポートします。

前の月へ

2019.5

次の月へ
S M T W T F S
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ナラヤンヒティ王宮ミュージアム

ナラヤンヒティ王宮ミュージアム

 ネパールの王政廃止から10年が経過しました。カトマンズ市内にあるかつて王宮だった建物は、現在は博物館として一般に公開されています。このほど、新たに王家に代々伝わり使用された王冠や剣などが展示公開されることになり、そのセレモニーに参加しました。


防弾ケースにはシャハ国王の王冠など宝物が

防弾ケースにはシャハ国王の王冠など宝物が

 王冠が作られた時代は不明ですが、たくさんのダイヤモンドや真珠、ルビーなどの宝石が埋め込まれ、鳥の羽の房が後ろに垂れる形になっています。王妃のティアラも一緒に防弾ガラスのケースに収められていました。

 首相や大臣が祝辞を述べ、国の歴史や宝物を後世に引き継ぐべく、さらに博物館の展示を充実、発展させたいとのことでした。


大砲も一対ありました

大砲も一対ありました

 このナラヤンヒティ王宮は、世界的な大ニュースにもなったギャネンドラ王の兄ビレンドラ王一家惨殺事件現場です。事件当時は非常事態宣言と外出禁止令が出され、報道規制もあり、不安な日々を過ごしました。

 事件の真相は謎が多く、いまだ解明されてない部分があります。ここは、単なる博物館見学とは違い、残された銃弾跡や遺体発見現場が紹介されていて、恐怖感すら感じるミステリーツアーの要素があるダークツーリズムサイトとも言える場所なのです。


ここから先が惨殺現場。建物には銃弾の痕が多数ありました

ここから先が惨殺現場。建物には銃弾の痕が多数ありました

訪れるか否かはあなた次第です。



レポーター「うえの ともこ」の最近の記事

「ネパール」の他の記事

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives