タイ

タイ:バンコク

青柳 みちよ(あおやぎ みちよ)

職業…主婦ライター

居住都市…バンコク(タイ)

前の月へ

2018.11

次の月へ
S M T W T F S
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

タイティーとカオソーイの組み合わせ

タイティーとカオソーイの組み合わせ

 日本人が食事時に飲むものと言えば、アルコール以外なら「水」や「お茶」が一般的です。タイでは「甘い味」の飲み物が人気です。食事中に甘い飲み物? と違和感を覚える方も多いかもしれません。でも辛くてボリュームのあるタイ料理と甘い飲み物は、意外とよく合うんです。

 例えば濃く出した紅茶にコンデンスミルクをたっぷりと注いだ「タイティー」は想像通りの甘さですが、味の濃いタイ料理と合わせるので、料理が飲み物の味の強さに引けを取りません。


菊花茶は見事なほど黄色のい色がついています

菊花茶は見事なほど黄色のい色がついています

 お茶と名の付くものでも砂糖入りのものがほとんどです。

 先日、タイの麺料理と一緒にオーダーした「菊花茶」も、しっかりと砂糖入りでした。菊の花から抽出した独特の香りのお茶に砂糖の甘さが加わると、ほんのり線香のような風味になります。そんな癖のある味も、甘・辛・酸味を合わせた複雑な味の麺料理と合わせると、混乱した味覚を正常に保ってくれるような気がします。食事時以外の菊花茶は苦手なんですが…。


マナオソーダ。砂糖が入っていないと酸っぱ過ぎて飲めません

マナオソーダ。砂糖が入っていないと酸っぱ過ぎて飲めません

 ちなみに私がよく頼む「マナオソーダ」は、タイのハーブ「レモングラス」を使ったドリンクです。たいていは最初から甘く味が付けられていますが、口の中を爽やかに保ってくれるので、これもまたタイ料理の濃い味から味覚を守ってくれる「パレットクレンザー」のような役割を担ってくれる気がします。


レモングラスは少し癖がありますが、口の中がさっぱりしますよ

レモングラスは少し癖がありますが、口の中がさっぱりしますよ

 他にも旬のフルーツを使ったフレッシュジュースやココナツドリンクなど、タイのドリンクリストは華やかです。食事と一緒にいつもとは違った飲み物を楽しむのも悪くありません。



レポーター「青柳 みちよ」の最近の記事

「タイ」の他の記事

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives