台湾

台湾:台北

小川 聖市(オガワ セイイチ)

職業…日本語教師、ライター

居住都市…台北市近郊の新北市(台湾)

前の月へ

2019.12

次の月へ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

会場の入り口より

会場の入り口より

 昨年、初めて紹介した写真機材用品展とアウトドア用品展。

 今年は、場所を変え10月18~21日に南港展覧館で開催しました。単に会場の規模を大きくしただけではなく、主催した台北市撮影機材商業同業公會の設立70周年を記念した展覧会になりました。

 以下、その様子を紹介していきます。


世界のカメラ史と台湾のカメラ業界史の年表

世界のカメラ史と台湾のカメラ業界史の年表

 出入り口のすぐ近くにあったのが、上の写真の年表。年表の上の段には世界のカメラの歴史的出来事が記され、下の段には台湾のカメラ業界史がつづられていて、台北駅前に集まっているカメラ店街の背景も記されていました。

 会場のブースだけでなく、ここの記述でも日本のカメラメーカーの奮闘が光っていました。


懐かしい機材も展示されていました

懐かしい機材も展示されていました

 年表には、懐かしい機材も展示されていて、オールドユーザーが喜ぶつくりになっていました。こちらの写真にはありませんが、フィルムも展示されていたので、「(まだ売っているんだけど)もう過去のものになったんだなぁ…」と時の流れの速さと時代の変化を強烈に感じずにいられませんでした。


クラシックカメラのコーナー

クラシックカメラのコーナー

 会場内には、クラシックカメラの展示コーナーもあり、上の写真のように戦前のカメラも多く展示され、来場者の郷愁を誘っていました。


毎年行っているもの

毎年行っているもの

 毎年行っている機材の無料メンテナンスコーナーは、今年も健在。長い列ができていただけでなく、人も集まっていました。


 つづく。


レポーター「小川 聖市」の最近の記事

「台湾」の他の記事

  • 219 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives