台湾

台湾:台北

小川 聖市(オガワ セイイチ)

職業…日本語教師、ライター

居住都市…台北市近郊の新北市(台湾)

前の月へ

2018.2

次の月へ
S M T W T F S
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28    

宣誓式の様子

宣誓式の様子

 台北市立第一女子高級中學(以下、北一女)では、終戦後の1945年から、毎年12月12日を創立記念日と定め、学園祭を行っています。この日が土日なら、これまで紹介してきた他校同様に園遊会を行うのですが、昨年は火曜日だったことから、園遊会はなし。その代わりという感じですが、学術的な一面が強いのが特徴です。

 昨年は、面白いものがあったので、紹介します。


どこかで見たことがある制服の皆さん

どこかで見たことがある制服の皆さん

 それは開会式でのことでした。入場式を終え、楊世瑞(ヤン・シールイ)校長のあいさつが行われましたが、その際、会場の3階席にいた男子校の台北市立建國高級中學(以下、建國中學)の生徒たちを意識し、「本校の生徒ならびに教職員の皆さん、来賓の皆さま、そして…、3階にいらっしゃる建中(建國中學の略称)の(生徒の)皆さま! おはようございます!」と冒頭であいさつを行いました。すると…。 


慌てて外へ出ようとする制服の皆さん

慌てて外へ出ようとする制服の皆さん

 想定外だった建國中學の生徒たちは、慌てて出口へ向かい始めました。

 楊校長は、この様子を見ながら、「あ、待って、待って! (皆さんの)校長先生はこちらにいらっしゃいますよ!」と追撃の一言。

 会場全体が笑いに包まれ、和やかな雰囲気になっていきました。私も、大みそかの番組のように、お尻をしばかれてもおかしくないくらい笑いました。


制服を着た「ちびまる子ちゃん」人形も登場

制服を着た「ちびまる子ちゃん」人形も登場

 上の写真は、生徒たちの教育活動を支える寄付金を募るPTAのコーナーで撮りました。PTAが今年用意したのは、北一女の制服と体操服に着せ替え可能な「ちびまる子ちゃん」の縫いぐるみ。入場式では、着ぐるみも登場しました。

 権利者から正式に許可をもらい、制作したものですが、「1500元(約5661円)ご寄付いただければ、1つ差し上げます」と少しばかり敷居が高くなってしまった感じでした。


学校に住みついている猫のポストカード

学校に住みついている猫のポストカード

 こちらは、学校に住みついている猫を撮影したポストカードとストラップの販売の様子。学校には3匹猫が住みついていて、立場に関係なく、みんなで餌をやり、かわいがっています。このうちの1匹が、11月に校内で死んでいるところを生徒が発見しました。

 左下のペンと星形の付せんは、死んだ猫へのメッセージ用として用意されていましたが、訪れた生徒たちが追悼メッセージを書き込んでいました。

(注)この売り上げは、猫の飼育費として使われるそうです。

 この他の様子は、次回に。


レポーター「小川 聖市」の最近の記事

「台湾」の他の記事

  • 74 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives