タイ

タイ:バンコク

青柳 みちよ(あおやぎ みちよ)

職業…主婦ライター

居住都市…バンコク(タイ)

前の月へ

2018.11

次の月へ
S M T W T F S
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カオマンガイはシンプルなワンプレートフード

カオマンガイはシンプルなワンプレートフード

 「カオマンガイ」は鶏のスープで炊いたご飯の上に、蒸し鶏を載せた料理です。もとは海南島が発祥ですが、今では代表的なタイ庶民の味となっています。

 バンコクで「カオマンガイ」の有名店と言えば、通称「ピンクのカオマンガイ」と呼ばれる店です。小さな路面店が人気を呼び、今では日本にも数店舗を出す大繁盛店となりました。


ピンクのカオマンガイは通称。由来は店員が来ているピンクのシャツだそう

ピンクのカオマンガイは通称。由来は店員が来ているピンクのシャツだそう

 「ピンクのカオマンガイ」は連日、地元タイ人や観光客で長い行列ができます。先日は混んでいる時間を避け、ランチ営業時間終わりの30分前に行ったところ、店主に「もうおしまいだよ」と断られてしまいました。閉店前に売り切れてしまったのかもしれません。


緑のカオマンガイもやはりシャツの色から来た通称。本当の名は「クワンヘン」

緑のカオマンガイもやはりシャツの色から来た通称。本当の名は「クワンヘン」

 でも大丈夫。この有名店の並びにはもう一軒、別の有名店があるんです。こちらは通称「緑のカオマンガイ」と呼ばれ、24時間営業のため売り切れ御免!はまずありません。この時も5分と待たずにおいしいカオマンガイにありつけました。


この時は緑のカオマンガイにも行列ができていました

この時は緑のカオマンガイにも行列ができていました

 「緑」の店は「ピンク」よりも歴史が古いのですが、人気には大差をつけられています。でも両店で食べ比べをした人の多くは「味に遜色なし」と言います。そして、実際にいただいた緑の店のカオマンガイのおいしいこと。鶏のスープで炊いたご飯はしっとり軟らかく、蒸し鶏もふっくら、味に透明感があります。老舗の風格を見た気がします。


隣には「緑ー」系列の焼き鳥店。意外ともうかっているのかもしれません

隣には「緑ー」系列の焼き鳥店。意外ともうかっているのかもしれません

 「ピンクのカオマンガイ」は昨年のミシュランに名前が載りました。ライバル店との差はさらに開いたようです。それでも実力のある「緑のカオマンガイ」、“ピンク効果”を追い風に頑張ってもらいたいものです。


レポーター「青柳 みちよ」の最近の記事

「タイ」の他の記事

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives