メキシコ

メキシコ:グアダラハラ

龍崎 節子(りゅうざき せつこ)

職業…民芸品輸出、撮影コーディネート、通訳翻訳
居住都市…グアダラハラ(メキシコ・ハリスコ州)

前の月へ

2019.6

次の月へ
S M T W T F S
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

 オールインクルーシブの一番の醍醐味(だいごみ)は食事。

 メインのレストランは200席程度のほぼ全日ビュフェスタイル。毎日少しずつメニューが変わり、昨日は完全なメキシカン、今日はエーゲ海風、明日はアジア風と、なかなか飽きることなく楽しめます。ベジタリアンも満足できる野菜中心のメニューやキッズ向けメニュー、辛くないもの、自分で辛さを調節できるもの、などなど、多種多様なお客さまのニーズに応えられる工夫がなされています。デザートも常に6~8種類あり、うれしい限り。


種類たっぷりのビュフェ

種類たっぷりのビュフェ

 プール横のスナックコーナーも昼すぎから営業開始。

 ちょっと小腹が空いた時にわざわざ着替えて本館のレストランに行かずとも、水着のままここで軽食が頂けます。飲み物ももちろん充実。アルコール飲料も、プールサイドをくまなく回ってくれるウェイターさんに頼めば持って来てくれます。

 オールインクルーシブといえど、それは人間同士のやりとり。気分良く注文を聞いて運んでくれるウェイターさんにはちゃんと感謝の気持ちをチップに表しましょう。


朝からガッツリいけちゃいます!

朝からガッツリいけちゃいます!

 本館に3軒あるスペシャルレストランは、イタリアン、メキシカン、アジアンの専門料理。5泊中に2回、このスペシャルレストランを使えるというので使ってみました。

 初めはアジアン。料理の内容に期待はしておりませんが、さてどんなものか、と4人でそれぞれ興味本位に頼んでみます。

 ラーメン、牛串焼き、チャーハン、太巻き、マグロの刺し身和え物、春巻など。残念ながらどれ一つもどうにもならない感じですが、致し方ありません。恐らく本物の日本食を食べたことのない料理人が見よう見まねでやっているんでしょう。お互いさまです。

 その後に行ったイタリアンの方が、もう少しイタリアンに近かったかな、という程度。

 大箱ビュフェがお休みの時に、もう一つのメキシカン専門店に行きました。
何と、市内のそこそこ高級メキシカンと大差ないようなおいしさとバリエーション。毎日ここがよかった。


「ラーメン」と言ってこれが出てくるわけで

「ラーメン」と言ってこれが出てくるわけで

 最終的にこのホテルはメキシカンがちゃんとしていておい味しい、という結果になりました。

 ホテルランクにもよりますが、オールインクルーシブで一泊1人1万2000円程度でしたらこのぐらいの料理レベルで納得、なのではないでしょうか。



レポーター「龍崎 節子」の最近の記事

「メキシコ」の他の記事

  • 118 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives