タイ

タイ:バンコク

青柳 みちよ(あおやぎ みちよ)

職業…主婦ライター

居住都市…バンコク(タイ)

前の月へ

2018.5

次の月へ
S M T W T F S
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

インパクト絶大なマネキン人形

インパクト絶大なマネキン人形

 バンコクにはアラブストリート(アラブ街)と呼ばれる通りがあります。
名前の通り「アラブ系の食や商品を売る店」が並んでいて、そこにはバンコクの喧騒(けんそう)とは違った独特の雰囲気が漂っています。


見慣れない文字で書かれた看板が並ぶ

見慣れない文字で書かれた看板が並ぶ

 通りには間口の狭い店がぎっしりと並んでいます。私は雑貨が好きなので、“中東っぽい小物”はないかな、と期待していたのですが、残念ながら特に珍しい物はありません。どうやらここは観光客向けというよりは、アラブ系住人のための「生活必需品」を並べている店が多いようです。


カラフルな女性用のサンダル

カラフルな女性用のサンダル

 しばらくぶらぶらと歩いていましたが、この日もバンコクは30度を超える気温のため、あっという間にバテてしまいました。気を付けないと熱中症になりかねません。バンコクで外歩きの要注意ポイントです。

 そこでエアコンが効いた料理店に入りランチタイムとします。


ケバブの店

ケバブの店

 中東料理は意外に日本人の口にもよく合う料理が多く、ひよこ豆のペーストで作った「フムス」などは特に人気があるようです。

 食事の店はたくさんあって、いけすの魚を料理して出す店や、店頭でくるくる回る肉の塊で有名なケバブの店もあります。


ランチ時、忙しく働く料理人

ランチ時、忙しく働く料理人

 ショッピングセンターもありました。ここでもやはり生活必需品が売られています。男性用の皮サンダルを売る店と、セクシーでスケスケの女性用下着の店が同じフロアに並んでいる光景はなんとも不思議。時間を逆戻りしたようなどこかレトロなアラブ街。時々、立ち寄りたくなる場所です。


レポーター「青柳 みちよ」の最近の記事

「タイ」の他の記事

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives