台湾

台湾:台北

小川 聖市(オガワ セイイチ)

職業…日本語教師、ライター

居住都市…台北市近郊の新北市(台湾)

前の月へ

2018.12

次の月へ
S M T W T F S
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

9:00の第1試合

9:00の第1試合

 昨年12月20日の試合では、悔し涙だけではなく、うれし涙もありました。

 台北市立陽明高級中學(以下、陽明高中)は、下記URLで紹介した3年前4強に進出して以来、予選敗退が続きました。昨年の予選でもA組6位に終わり、敗者復活戦に回りました。

http://www.ima-earth.com/contents/entry.php?id=20155240250
 


高雄アリーナでの第2試合

高雄アリーナでの第2試合

 陽明高中は、午前B組5位、午後A組4位と試合をして2勝しなければならず、大変厳しい戦いです。加えて、この制度が導入されてから予選6位(最下位)の勝ち上がりの例はなく、苦戦が予想されました。

 午前の試合は、後半やや息切れしたものの、第1クオーターで23ー10とリードをつけたことで余裕ができ、64ー55で勝利しました。


訪れた歓喜の瞬間

訪れた歓喜の瞬間

 午前の試合会場の高雄中學體育館から、午後はTV中継がある高雄アリーナへ移動(タクシーで大体20分程度)しての決定戦。対戦相手は、前日55ー68で敗れた台北市私立金甌女子高級中學。厳しい戦いであるのは変わりません。

 試合は、午前の試合の勢いをうまく保ち、前半を29ー20で折り返します。
 第3クオーター終了時に疲労が出て40ー36まで追い上げられますが、最後は69ー61で勝利。

 上の写真のような歓喜の瞬間が訪れました。


李台英(リー・タイイン)ヘッドコーチと歓喜の抱擁

李台英(リー・タイイン)ヘッドコーチと歓喜の抱擁

 試合後は、選手たちが李台英ヘッドコーチらと抱擁を交わし、久しぶりの8強進出を喜び合いました。選手の中には、涙を流している選手もいて、ここまで苦しい道のりをたどってきたのをうかがわせました。


健闘をたたえ合います

健闘をたたえ合います

 抱擁後は、簡単なミーティングを行い、これまで以上に大きい声出しを行い、再度上の写真のように喜びを分かち合いました。

 1月28日~2月4日に行われた準決勝リーグは、0勝7敗の最下位。最後はいいところなく敗れ、悔し涙に暮れた感じになったようです(下記URL参照)が、この時高雄で見せた姿を10月にもう一度見せてくれることを祈ります。

https://www.ltsports.com.tw/basketball/hbl-uba/128049-hbl-7-20


レポーター「小川 聖市」の最近の記事

「台湾」の他の記事

  • 143 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives