台湾

台湾:台北

小川 聖市(オガワ セイイチ)

職業…日本語教師、ライター

居住都市…台北市近郊の新北市(台湾)

前の月へ

2018.10

次の月へ
S M T W T F S
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

前日の記者会見の様子

前日の記者会見の様子

 毎年2月に開催され、今年で26回目を迎えた台北国際書籍展。今年は、60カ国、国内外の出版社684社が出展し、2月6~11日に行われました。

 今年は主催者の許可を頂き、開始前の記者会見からほぼ密着する形で様子を見ることができました。今回からその様子を紹介します。

 上の写真は、開催前の2月5日に行われた記者会見の様子です。その後、準備中の会場を視察しました。


市場を再現

市場を再現

 メインテーマになっているイスラエル館では、街の市場を再現するような造りになっていました。ちなみに、ここで展示されている野菜、パンなどは売り物ではありません。


上から撮影

上から撮影

 イスラエル館最大の特徴は、正面受付後ろに飾られている本。イスラエル館の設計担当の方に勧められて撮影してみましたが、いかがでしょうか。


準備中の館内(1号館)

準備中の館内(1号館)

 ゲームショー同様、準備中の会場を歩くのは気が引けますが、組み立て担当の方と出版社の方は私に目もくれることなく、作業に専念していました。


準備中の館内(3号館)

準備中の館内(3号館)

 こちらは、児童書と教育関係の書籍が中心の3号館。対象が限られているだけでなく、1号館からも距離があるので、人が集まりにくい感があるところですが、文房具などが安い値段で売られていることもあるので、見過ごせないところでもあります。

 つづく。


レポーター「小川 聖市」の最近の記事

「台湾」の他の記事

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives