ネパール

ネパール:カトマンズ

うえの ともこ

職業…ライター、旅行会社勤務
居住都市…カトマンズ市(ネパール連邦民主共和国)
ナマステ!
ヒマラヤ山脈の麓、摩訶不思議な国にて、てんやわんやの愉快な生活を送っています。
こんなことからあんなことまで主婦的目線でリポートします。

前の月へ

2018.10

次の月へ
S M T W T F S
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

きれいに焼けました!

きれいに焼けました!

 韓国料理店の看板に「フィッシュパンケーキ」と書かれた「たい焼き」らしきものが目に飛び込んできました。韓国では「ふな焼き」と呼ぶそうですが、その「ふな焼き」が韓国からネパールにやってきたのです!


円になってお魚が回る!

円になってお魚が回る!

 カウンターの上に丸いたい焼き機。縦に並んでいる一般的な日本のものと違って、円形に魚型が並んでいる面白いつくりです。魚の型は取り外すことができ、空いた穴からガス穴に火をつけます。輪になった魚たちがくるくる回りながら、さらに型それぞれが単独でくるっと裏表ひっくり返る仕組みになっていました。


溶いたタネを型にゆっくり流し込むが、あんは入れず…

溶いたタネを型にゆっくり流し込むが、あんは入れず…

 たい焼き初心者のネパール人女性店員がどのように作るのか興味津々。カウンターの中で待ちながら見学することに。タネの配合は目分量で砂糖も適当、水分も計ることなく混ぜながら調整していました。

 油を塗った型に流し込んだら、ふたをして点火。おや?! まさかの中身ナシ。あんこを入れる工程は省略されておりました。


 「まだ慣れてないからちょっと難しいわ」と言いながら、一つ一つ型の中の火の通り具合を確かめて焼いていきます。数分でふっくらとしたかわいい魚たちが焼き上がり、パックに詰めてくれました。

 1個多くできたので「味見してください」とその場で食べさせてくれて「甘さはどう?」と感想を求められました。回数を重ねるごとにコツがつかめ、もっと上手に焼けるようになることでしょう。



レポーター「うえの ともこ」の最近の記事

「ネパール」の他の記事

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives