ネパール

ネパール:カトマンズ

うえの ともこ

職業…ライター、旅行会社勤務
居住都市…カトマンズ市(ネパール連邦民主共和国)
ナマステ!
ヒマラヤ山脈の麓、摩訶不思議な国にて、てんやわんやの愉快な生活を送っています。
こんなことからあんなことまで主婦的目線でリポートします。

前の月へ

2018.10

次の月へ
S M T W T F S
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

新しい4歳のクマリを乗せた山車

新しい4歳のクマリを乗せた山車

 カトマンズの旧市街と世界遺産サイトのダルバール広場で開催されるインドラジャトラ。雨と豊穣(ほうじょう)を司るインドラ神の盛大なお祭りで8日間続きます。

 少女の生き神クマリをはじめ、少年の生き神ガネッシュ、バイラブの山車が市民に祝福を授けなが巡航するエキサイティングな大祭です。




アンナプルナ寺院前、ワインボトルが何本も!

アンナプルナ寺院前、ワインボトルが何本も!

 このお祭りに欠かせない神々へのお供物が、ネワール族の伝統料理「サマヤバジ」です。穀物、豆、酒、卵、お菓子、肉、魚、野菜、果物を山型に盛り付けるお祝い料理。男性が中心となって盛り付けが始まっていました。頂点に泳ぐ大きな魚の口にはゆで卵が丸ごと押し込まれています。これが正式な形?!


フルーツカービングの技を繰り出す!

フルーツカービングの技を繰り出す!

 今回、氷柱やフルーツカービングという新しい技を出しているグループを発見! 明らかにプロの技。近年ホテルのビュッフェなどでよく見られるフルーツカービングですが、旧市街の路上に出現したことは驚きでした。


男性陣が集い盛り付けます

男性陣が集い盛り付けます

 輸入物のワインボトルも供えられ、高級感が漂うところまで。流通が発達して豊かになってきた証しですね。


頂点に魚をセッティング

頂点に魚をセッティング

 今年初のインドラジャトラになる4歳の新クマリを写真に収めようとするスマホ、カメラ、セルフィー棒の数といったら! ダルバール広場の空に滞空するドローンもまた隔世の感がありました。何年後かには山車が無人走行し始めるのでは?!


レポーター「うえの ともこ」の最近の記事

「ネパール」の他の記事

  • 68 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives