メキシコ

メキシコ:グアダラハラ

龍崎 節子(りゅうざき せつこ)

職業…民芸品輸出、撮影コーディネート、通訳翻訳
居住都市…グアダラハラ(メキシコ・ハリスコ州)

前の月へ

2019.4

次の月へ
S M T W T F S
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     

在庫のあるガソリンスタンドには長蛇の列

在庫のあるガソリンスタンドには長蛇の列

 新年早々、私の住むメキシコのグアダラハラを含む中央高原地帯では、ガソリン不足によるちょっとしたオイルショックが起こっています。

 原因は、メキシコシティとグアダラハラの間にあるガソリン精製工場から伸びるパイプラインからの不法搾取と、国営ガソリン会社上層部による不法転売が発覚。昨年12月に就任したオブラドール大統領による不正一掃の指示で一時ガソリンの供給が停止したため、と言われています。


在庫がなくなり閑散としているガソリンスタンド

在庫がなくなり閑散としているガソリンスタンド

 パイプライン周辺とその先にあるグアダラハラまでの中央高原地域一帯が、正規ルートでのガソリン供給が止まった影響で、ガソリンスタンド各所では品薄もしくは枯渇状態になり、もともと正規ルートで販売していたガソリンスタンドに利用客が押し寄せています。

 たまたまこの地域を通っていたのですが、ガソリンスタンドでは長蛇の列。長いところでは約2キロも車が列をつくり、ポリタンクやペットボトルなどで購入していく人も。

 政府は「国内のガソリンは足りている。今不足している地域にも順次、タンクローリーで供給しているのでパニックを起こさないように」と広報しています。

 ちなみに、このオイルショックが始まる以前から、グアダラハラのあるハリスコ州は国内でも一番ガソリン価格の高い州。ペニャニエト前大統領時代からの価格高騰に不満をあらわにしていたハリスコ州民の怒りは、今回のガソリン不足で一気にピークに達しています。

 私もできるだけ自家用車の使用を控え、徒歩で回れる範囲内での買い物に努めています。





レポーター「龍崎 節子」の最近の記事

「メキシコ」の他の記事

  • 146 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives