ネパール

ネパール:カトマンズ

うえの ともこ

職業…ライター、旅行会社勤務
居住都市…カトマンズ市(ネパール連邦民主共和国)
ナマステ!
ヒマラヤ山脈の麓、摩訶不思議な国にて、てんやわんやの愉快な生活を送っています。
こんなことからあんなことまで主婦的目線でリポートします。

前の月へ

2019.9

次の月へ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      

バザール中心の寺院前にステージ出現!

バザール中心の寺院前にステージ出現!

煉瓦造りのネワール建築群に路地が入り組むカトマンズ旧市街のバザール一帯を会場とした「エコーズインザヴァレー」という伝統音楽、文化の保存と普及を目的としたイベントが開催されました。


路地裏にある伝説の寺院にて民族音楽の紹介

路地裏にある伝説の寺院にて民族音楽の紹介

西洋楽器や音楽が広く親しまれるようになって、昔ながらの音楽はお祭りや儀式の時だけになりつつあります。そんな伝統音楽やアート、ネワール語の文字、陶芸やクラフトの手仕事、食文化を、子どもから大人まで市民や外国人に広く知ってもらい共有することを目指し、興味深く楽しいプログラムで構成されていました。


ネワール族の文字 カリグラフィーで名前を書いてくれます。

ネワール族の文字 カリグラフィーで名前を書いてくれます。

プロの有名バンドや歌手、地元伝統音楽グループや学生に外国人アーティストを交えた混成バンドやコーラス隊の演奏あり、地方や民族独自の音楽をパネルと映像で紹介したコーナーあり、身体を楽器のように使ってリズムを刻む体験などなど、日没後まで一日中大賑わい。
その他、絶滅危惧種保護のためのアニメ上映、ランジャナという文字のカリグラフィー講座も開かれ、たくさんの人が集いました。


ほぼ祭りのフェス状態。祭りと言えば屋台フード。今風のファストフードスナックはなく、婦人会のおばちゃんたち手作りのネワール料理で占められていました!自家製の蒸留酒アイラやどぶろくのチャンも。
一杯飲んでほろ酔いでバザールを歩くなんて、普段はなかなかできないことをしてしまえるご機嫌な1日でした!



レポーター「うえの ともこ」の最近の記事

「ネパール」の他の記事

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives