フランス

フランス:パリ

別紙 敦子(べっし あつこ)

氏名=別紙敦子
職業=観光業
居住都市=パリ(フランス)とバルセロナ(スペイン)年間1:2の割合で、行き来しています。

前の月へ

2021.1

次の月へ
S M T W T F S
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

可愛いピンクの外観。開店したばかりなのに「La Selecta」の文字aが外れてる。

可愛いピンクの外観。開店したばかりなのに「La Selecta」の文字aが外れてる。

 今年COVID-19の影響により、あらゆる危機が発生している小売市場ですが、この機を逃さずに動けるブランドは バルセロナに ほとんどいませんでした。結果、貸店舗の看板ばかり目につくようになりました。

 ですが、今月「スエーニョ・ネグロス(Sueños Negros)」が、パンデミックを利用し ファッション店SUNEを立ち上げました!

 スエーニョ・ネグロスは2006年設立、すでに市内の最高のロケーションに3店舗展開しており、顧客25000人、従業員20名いるスペイン発の確実に成長しているモードメーカーです。

 今回、注目したいのは、彼らの4店舗目に当たる店を出した場所が85年間占領し続けた神話のジッパーやボタンなどの装身具類を専門とした老舗ラ・セレクタの店があった、ハンブラ・デ・カタルーニャ109番地だったことです!

 そこは、どのブランドも狙う人気ブランドがひしめき合う遊歩道が中央にあるバルセロナの目抜き通りです。通常店舗を構えるのは容易ではない激戦区です。



装身具専門店時代の外観。SUNEになっても外観は大切に維持されていますね。

装身具専門店時代の外観。SUNEになっても外観は大切に維持されていますね。

 強力なブランドを持つ企業が、不確実な時に、価格交渉のできる機会と考え、この様な投資に出るのは重要だと思います。

 危機による事業の閉鎖はありますが、消費の斬進的な回復を見据え、この様な兆候が今後増えて、新しい動脈となってほしいと思います。

*Sueños Negros 日本語訳は、「黒い夢」




レポーター「別紙 敦子」の最近の記事

「フランス」の他の記事

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives