メキシコ

メキシコ:グアダラハラ

龍崎 節子(りゅうざき せつこ)

職業…民芸品輸出、撮影コーディネート、通訳翻訳
居住都市…グアダラハラ(メキシコ・ハリスコ州)

前の月へ

2020.2

次の月へ
S M T W T F S
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

メキシコの理髪店

2020.01.26 up

 メキシコの男性は、小さい頃から「髪を整えなさい」とちゃんと躾けられるとのこと。小学生から髪の毛はジェルで固め、ボサボサ寝癖の子供なんて見つけるのが難しいほど。男性の身だしなみはきれいに整えた髪と靴、とも言われます。

 2年ほど前から、若い世代のヒップスター男性に向けた髪とヒゲを整える男性専門の小さな理髪店が増え、むしろ林立していると言ってもおかしくないほど。それも自然淘汰なのか、流行りの店とすぐに消えてしまう店と目立つようになりました。

 今回はその「ヒップスター系理髪店」と昔ながらの「理髪店」をご紹介します。


小さな店内には椅子が3つだけ

小さな店内には椅子が3つだけ

 2~30代の若い世代をターゲットにした「ヒップスター系」は、座席も3-4席、理容師も若手3人ほどのこじんまりした広さ。お客さんが席にいる間もスマホを使えるようにWiFiを完備していかにも若い人向け。ヘアカット、ヒゲも整えて小一時間、料金はチップも含めて120-150ペソ(700-900円)。

 「切り方に多少迷いがあった」との感想で、出来栄えは満足でしたが、開始に少し手間取った様子。平日の夕方、他に待っている客は無し。店員さんも少し手持ち無沙汰でした。


若いのに手際よく腕もいい理容師さん

若いのに手際よく腕もいい理容師さん

 一ヶ月置いて次は老舗感たっぷりな大きめ理髪店。
 席は8席、理容師さんは最大で8名。店先のベンチには平日夕方というのに6人待ちの状態です。

 15分待っての入店。担当理容師さんは20代前半、まだ少年のような感じですが、大丈夫か?早速何をするかというと、紙コップにカモミールのティーバッグ2つをいれ、お茶をサービスするのかと思いきや、そのまま鏡の前に。どのような髪型にするか客と相談するとささっと作業開始。

 この理容師さん、全く迷わず手を進めています。髪の毛はわずか15分ほどで終了。先ほどのお茶?からティーバッグを取り出し、客の目の上に乗せてリラックスさせようという作戦。今度はヒゲのお手入れ。折りたたみの髭剃りでとても手際よく剃っていきます。


アンティーク調の椅子もいい味

アンティーク調の椅子もいい味

 周囲の椅子はアンティーク調があったり、もっと古いタイプの木の椅子があったり、なかなか内装や設備にも凝っています。店内の6つの椅子は埋まり、客の年齢層も下は小学生から上は70前後の紳士までと幅広い。どの客も何年も通っている様子。

 さて、仕上げの髪の毛セットの前に、理容師さんが手につけた小型マッサージ機で頭皮や首のマッサージを施し、客の好みのセットをして約一時間で終了。料金はチップ込みで120ペソ(700円ほど)。被験者となってくれた夫も大満足でした。


大満足の出来栄えです

大満足の出来栄えです


レポーター「龍崎 節子」の最近の記事

「メキシコ」の他の記事

  • 153 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives