ネパール

ネパール:カトマンズ

うえの ともこ

職業…ライター、旅行会社勤務
居住都市…カトマンズ市(ネパール連邦民主共和国)
ナマステ!
ヒマラヤ山脈の麓、摩訶不思議な国にて、てんやわんやの愉快な生活を送っています。
こんなことからあんなことまで主婦的目線でリポートします。

前の月へ

2020.10

次の月へ
S M T W T F S
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

入り口での検温、消毒担当スタッフ。

入り口での検温、消毒担当スタッフ。

 ロックダウンから2ヶ月超、毎日3桁単位で新型コロナウイルス感染者が増加しているネパール。国民生活に支障をきたし、経済的にも大打撃となり、限界を感じたのか段階的にロックダウンを緩和する措置がとられています。

 マスク着用、手指の消毒、ソーシャルディスタンス、夜間や不要不急の外出をしないなど、できるだけ守りながら日常生活を維持しています。


 屋外で開催されるファーマーズマーケットも再開されましたが、入場人数制限や完全防備のスタッフによる検温チェックと物々しい様相。普段は大勢の在住外国人が見られますが、臨時の退避フライトで帰国したためその数は少なく、出店も半数程度と全体的に寂しい雰囲気でした。


保険会社の新商品、ネットでアンケート式で回答して加入します。

保険会社の新商品、ネットでアンケート式で回答して加入します。

 そして現在チャーターフライトで在外のネパール人たちが帰国してくる段階に入っていますが、「COVID19保険」という新しい商品がネット販売されていました。

 コロナ感染者の入院、治療費は政府が負担しますが、様々な経済的負担がのしかかってくる時に「転ばぬ先の杖」少しは安心?!できるかも。しかしやはり感染しないことに越したことはありませんね。もうしばらくは息苦しい我慢が必要なようです。




レポーター「うえの ともこ」の最近の記事

「ネパール」の他の記事

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives