台湾

台湾:台北

小川 聖市(オガワ セイイチ)

職業…日本語教師、ライター

居住都市…台北市近郊の新北市(台湾)

前の月へ

2022.5

次の月へ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

マスク姿の観光局のマスコット「喔熊(オーベア)」

マスク姿の観光局のマスコット「喔熊(オーベア)」

 過去何度がゆるキャラに関する記事を書き込みました。

 昨年も下記URLのように台湾のゆるキャラを紹介しましたが、今年もおもしろいゆるキャラを見つけたので、紹介していきます。

http://www.ima-earth.com/contents/entry.php?id=202011280105

 1枚目の「喔熊(オーベア)」は、一度紹介していますが、今回はマスク姿での登場。感染対策に抜かりない姿で、来場者、特に子供たちを楽しませていました。

 その「喔熊(オーベア)」を差し置いて、注目を集めたのが…


苗栗縣の貓裏ミャオ(マオリーミャオ、左)と新北市の新北小客(シンベイシャオクー、右)

苗栗縣の貓裏ミャオ(マオリーミャオ、左)と新北市の新北小客(シンベイシャオクー、右)

 貓裏ミャオと新北小客。

 貓裏ミャオは苗栗縣文化観光局、新北小客は新北市観光旅遊局のゆるキャラです。

 この2匹は、BGMの「Baby Shark」のリズムに乗って軽快なダンスを披露し、仲のいいところを見せていました。

 更にすごかったのが…


軽快なダンスを見せる貓裏ミャオ

軽快なダンスを見せる貓裏ミャオ

 貓裏ミャオのダンス。

 とにかくキレッキレで、様々なポーズを見せ、ゆるキャラらしからぬ一面を見せていました。

 極め付けは…


10点満点を目指して…

10点満点を目指して…

 ステージを降りる時の着地。あるときはそのままジャンプ、またある時は回転しながらジャンプして着地していました。いずれも着地に失敗することなく、10点満点を付けたくなるくらいのフットワークでした。

 私の中にあるゆるキャラのイメージを大きく壊すような衝撃の瞬間でした。


ちょこ座りもかわいらしい

ちょこ座りもかわいらしい

 貓裏ミャオの魅力は、ダンスと10点満点の着地だけではありません。

 上の写真のようなちょこ座りに見える「かわいらしさ」もあれば、疲れてイスに座っている時のふてぶてしい「ちょいワル」の一面を見せ、いろいろな意味で記憶に残る最強の「ゆるキャラ」になりました。

 貓裏ミャオを育んだ苗栗は、台北からバスで約2時間、鉄道で1時間40分~2時間半、新幹線で46分のところにあります。中でも大湖がイチゴの産地として有名で、イチゴのシーズンには農園でイチゴ狩りも楽しめるところです。

 この記事がきっかけで苗栗に興味を持った方がいらしたら、少し足を伸ばして行ってみてはいかがでしょうか。

 *貓裏ミャオはイベント時限定の登場です。


レポーター「小川 聖市」の最近の記事

「台湾」の他の記事

  • 269 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives