フランス

フランス:パリ

別紙 敦子(べっし あつこ)

氏名=別紙敦子
職業=観光業
居住都市=パリ(フランス)とバルセロナ(スペイン)年間1:2の割合で、行き来しています。

前の月へ

2021.4

次の月へ
S M T W T F S
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

オリーブの葉のパスタ「オハス・デ・オリボ」

オリーブの葉のパスタ「オハス・デ・オリボ」

 春の柔らかな日差しに、スペインではオリーブの樹が目覚めて、気温の低い冬季から再び成長をしはじめる季節になりました!

 今月は、バルセロナにふさわしい地中海らしさを感じるパスタを紹介させてください。

 バルセロナ市旧市街のボーン地区、ピカソ美術館の近くのナチュラル・コスメティックの店ラ・チナタで、「オリーブの葉のパスタ」を発見いたしました!

 ペンネ、ニョッキ、ラビオリ、ファルファッレ…などパスタの種類が豊富なスペインですが、それでも、このオリーブ葉の形のパスタを見つけるのはとても難しいので、とても感激いたしました。


 茹でる前のパスタ

茹でる前のパスタ

 乾燥している状態のパスタは、非常に薄く軽く35~45ミリの長さで、色も、少し乾燥した草のような色で、本当のオリーブの葉のようです。早速、茹でてみました。


茹でた後のパスタ

茹でた後のパスタ

 さやいんげん程の大きさになりました。思ったよりも色は薄くならず、草色を維持していましたので、満足。


春の緑の色を大事にしようと、バジルソースと絡めてみました

春の緑の色を大事にしようと、バジルソースと絡めてみました

 葉っぱの葉脈を表現した、ざらざらっとした部分にソースが良く絡みます。食感は、「もちもち」していて、とてもおいしいです。

 簡単に新鮮な春のイメージメニューを楽しめるオリーブの葉のパスタ「オハス・デ・オリボ」でした。

 地中海の食は、ヘルシーで楽しいモノが多いです。早く安心してみんなが旅行を楽しめるようになり、味わう機会がふえますように!



レポーター「別紙 敦子」の最近の記事

「フランス」の他の記事

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives