フランス

フランス:パリ

別紙 敦子(べっし あつこ)

氏名=別紙敦子
職業=観光業
居住都市=パリ(フランス)とバルセロナ(スペイン)年間1:2の割合で、行き来しています。

前の月へ

2021.9

次の月へ
S M T W T F S
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

 パリは地区によって、それぞれ特色が異なるのが大きな魅力です。

 今回は村の雰囲気が漂うトレンディな地区、マレ地区の別の顔をご紹介します。


小さな旗がいっぱい。男性専用店。DVD、雑誌、アクセサリー、革製品と衣類など売っている。

小さな旗がいっぱい。男性専用店。DVD、雑誌、アクセサリー、革製品と衣類など売っている。

 実は、この地区に1980年代以降、同性愛者のコミュニティが好んで移住してきました。

 そして、バー、クラブ、レストラン、書店などに集まるようになったのです。
彼らのシンボルの虹色の装飾が、特にアーシーブ通りやトンプル通り、ヴェレリー通りなどに多くみられます。 


パリ市内の通りの名称を示すプレートまで虹色に!

パリ市内の通りの名称を示すプレートまで虹色に!

 カフェのテラス席でドリンクを楽しんだり、バーでエンターテインメントのある音楽の夕べを楽しんだり、伝説的なクラブでタンゴを踊ったり、出会いを楽しむ場所に溢れています。

 少し散歩しただけで、彼らの象徴である虹色に この地区のあちこちで際会するでしょう。

 虹色表示のある施設に、気にしないで入ってしまったら、ちょっとした冒険が待っているかもしれませんよ。


左側のカフェの屋根にはたくさん虹色の旗がありますね。 

左側のカフェの屋根にはたくさん虹色の旗がありますね。 

 色合いが可愛く明るい雰囲気なので、通りに華やかさを添えているし、リベラリズムが生きる こんな地区も訪問するのも悪くない。


パリ3区 ヴィエイユ・デ・トンプル通りの横断歩道

パリ3区 ヴィエイユ・デ・トンプル通りの横断歩道

パリに遊びに来たら、マレ地区にある虹色で装飾された有名な横断歩道を ぜひ見つけてみてほしい。


レポーター「別紙 敦子」の最近の記事

「フランス」の他の記事

  • 72 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives