メキシコ

メキシコ:グアダラハラ

龍崎 節子(りゅうざき せつこ)

職業…民芸品輸出、撮影コーディネート、通訳翻訳
居住都市…グアダラハラ(メキシコ・ハリスコ州)

前の月へ

2021.9

次の月へ
S M T W T F S
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

 所用でメキシコシティ国際空港に立ち寄った際、偶然にもこれから日本行きの飛行機に乗りパラリンピックに出場する選手たちに会いました。車椅子に乗った選手団の一人は厳重に梱包された長細い荷物を持っています。


愛車とともに力強いポーズで

愛車とともに力強いポーズで

 ブレンダ・オスナヤ選手はパラリンピックのトライアスロン競技に出場予定で、今回が世界戦デビュー。事故で下半身不随になった後、障害があっても自分の力を最大限にしたいと訓練に訓練を重ね、2010年に水泳から始めて車椅子マラソン、自転車と可能性を広げていきました。

 メキシコシティを出発して競技までたった5日しかなく、時差ぼけをどう解消させて万全のコンディションで戦うかが鍵になると語っていました。


ファンの声援にも快く応えています

ファンの声援にも快く応えています

 今回の東京パラリンピックには、陸上競技、車椅子での卓球、砲丸投げ、各種水泳競技など、違う種類の障害を抱えた60名の選手たちがそれぞれのベストを尽くすためにメキシコから参加します。

 お話を伺っている間にも、周囲からブレンダさんや同行の卓球選手らを応援する声が上がり、深夜の空港に拍手や声援が飛び交っていました。




レポーター「龍崎 節子」の最近の記事

「メキシコ」の他の記事

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives