メキシコ

メキシコ:グアダラハラ

龍崎 節子(りゅうざき せつこ)

職業…民芸品輸出、撮影コーディネート、通訳翻訳
居住都市…グアダラハラ(メキシコ・ハリスコ州)

前の月へ

2022.6

次の月へ
S M T W T F S
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

 メキシコの「年末年始」はイベントが目白押し。

 12月12日の聖グアダルーペから始まり、本来は宗教的なクリスマス前夜祭で今は忘年会扱いの「ポサダ」、クリスマス、新年、明けて6日の「三賢者の日」。

 この間、人々は親戚縁者友人たちの家に集い、また彼らを呼び、一年の労を労いつつご馳走を皆でいただきます。各家庭での料理はもちろん大量になります。


トマトはメキシコの食卓に欠かせません

トマトはメキシコの食卓に欠かせません

 メキシコ料理に欠かせない食材はなんといってもトマト。煮込み料理にも焼肉やタコスのサルサにも必ず使います。

 11月初旬のトマトの値段は1キロあたり28ペソ。ちょっと高いな、という印象です。そこから毎週のようにじわじわ上がっていき、12月中旬にはなんと48ペソにまでなりました。ちょっとこれでは手が出せません。日本の値段で考えると大したことはないのですが、何しろ使う量が違う。ちょっとお肉を煮るにも1キロgすぐなくなります。

 これはイベントシーズンの料理にたくさん使うトマト値段をあげようという様々な方面の策略らしく、ほぼ毎年起こります。


イベントシーズンが終わると価格も下がります

イベントシーズンが終わると価格も下がります

 ちなみに、イベントも済んだ1月後半ですが、1キロ8ペソ(50円弱)というとんでもない価格差。

 ほぼ一年中トマトが生産できるメキシコで、トマト生産者さんたちの収入を安定させる苦肉の策なのでしょうか。
あまり安すぎても嬉しい反面、申し訳ない気持ちにもなります。




レポーター「龍崎 節子」の最近の記事

「メキシコ」の他の記事

  • 132 ビュー
  • 0 コメント

0 - Comments

Add your comments

サイト内検索

Name(required)

Mail(will not be published)

Website

Archives